コンポラ

アンコール遺跡群(カンボジア)






(シェムリアップ周辺地図))





動画  
 動画の英語版は、映像だけでも充分楽しめます

   
 画面内の YouTube のロゴを1回クリックすると、大きな画面でご覧になれます


アンコール遺跡群 (英語)




カンボジアのページはこちらから ...




豆知識  
 アンコール遺跡群の解説

 遺産名: アンコール遺跡群
 英語表記: Angkor
 国 名: カンボジア
 分 類: 文化遺産
 登録年: 1992年

 特色:
アンコール遺跡は、カンボジアの北西部、トンレサップ湖の北にある遺跡群です。 アンコールとは、西暦9〜15世紀にかけてインドシナ半島の広い範囲を支配したクメール人の王朝の名前です。その中心、シェムリアップ周辺には、仏教やヒンズー教を信仰した王朝支配者たちが建設した多くの石造の宗教建築物が点在しています。

こうしたアンコール遺跡群の中では最大規模のヒンドゥー教の寺院、アンコール・ワットは、ヒンドゥーの神ヴィシュヌ神に捧げられた寺院で、大伽藍と美しい彫刻からクメール建築の傑作と称えられ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれています。15世紀にシャム軍に進攻され、アンコールが放棄されてプノンペンに王都が遷ると一時は忘れ去られますが、その後仏教寺院へと改修され、本堂に安置されていたヴィシュヌ神は四体の仏像に置き換えられました。現在も仏教徒であるカンボジアの人々にとって、アンコール・ワットの中の石像は信仰の対象であり、精神的支柱でもあります。

アンコール・トムは、アンコールワットの北に位置する城砦都市遺跡で、周囲を高さ8mの城壁で囲まれています。その中央に建つバイヨンは、歴代の王の中で初めて仏教に帰依した王・ジャヤーヴァルマン7世が建てた仏教寺院です。各城門は塔になっていて、東西南北の四面に観世音菩薩の彫刻が施されています。

アンコール・ワットの北東部に位置するバンテアイ・スレイは、アンコール期の建造物として最小の部類ですが、その精緻で美しい彫刻は必見で、観光客に大変な人気があります。なかでもデヴァターの彫像は「東洋のモナリザ」とも呼ばれています。

クメール美術の傑作といわれるアンコール遺跡ですが、20世紀後半に20年以上も続いた内戦で遺跡は荒れ果ててしまい、ユネスコは1992年にアンコールを危機遺産リストに登録しました。その後、遺跡修復のため奮闘した日本人の石職人やカンボジアの青年たちの努力により修復は徐々に成果を挙げ、2004年、ユネスコはアンコールを危機遺産リストから除外しました。


アンコール遺跡群 世界文化遺産の本 DVD

アンコール遺跡群

NHK探検ロマン世界遺産
アンコール遺跡群
DVD BOOK
アンコール遺跡群

アンコール・ワットを読む
アンコール遺跡群

アンコール遺跡を楽しむ
アンコール遺跡群

ディープ・アジア
カンボジア・ラオス・ミャンマー


アンコール遺跡群 | 旅の予約  
 交通案内・行き方ガイド
       
・ 成田空港からシェムリアップまで飛行機で約7時間。
・ または成田→バンコク…約6時間、バンコク→シェムリアップ…約1時間。
・ シェムリアップからは、徒歩またはタクシーでアンコールへ。
 


スマートWEB  
 関連サイト

アンコール遺跡群 - カンボジア
   
・  アンコール遺跡群 - Wikipedia の解説。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←