コンポラ

トルクメニスタン




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

トルクメニスタン 国旗の由来
緑色に三日月と星はイスラム教の国であることを示し、左側の装飾文様は伝統産業の絨毯の柄を図案化したもので、5つの主要な部族を、星はこの国の5地方を表している。
世界で最もデザインが煩雑な旗といわれる。
       
 国名: トルクメニスタン

 国名(英語表記): Turkmenistan

 首都: アシガバット

 人口: 490万人人

 言語: トルクメン語(公用語)、ロシア語

 民族: トルクメン人77.0%、ウズベク人9.0%、ロシア人7.0%、カザフ人2.0%

 宗教: イスラム教(スンニ派)

 通貨: マナト(Manat)

 面積: 48万8千平方km(日本の約1.3倍)
   国の特色:

カスピ海に面し、大部分がカラクム砂漠。
トルクメン人の祖先は、中央アジア一帯に広がっていたトルコ系住民といわれる。
モンゴル帝国、ティムール帝国、ウズベク族などに支配され、19世紀後半、ロシア領となる。ロシア革命後、旧ソ連邦の構成共和国の一つとなったが、旧ソ連の崩壊で1991年独立を宣言し、CISに加盟。石炭や天然ガスなど地下資源が豊富。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:トルクメニスタン

スマートWEB  
 トルクメニスタンの関連サイト

トルクメニスタン
   
・  TBS 世界遺産 - 国立歴史文化公園”古代メルヴ”  文化遺産 / 登録年1999。
・  TBS 世界遺産 - ニサのパルティア時代の要塞 文化遺産 / 登録年2007 。
・  在トルクメニスタン日本大使館・総領事館
・  外務省・海外安全ホームページ - トルクメニスタン(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。
コンポラ百貨店