コンポラ

チュニジア




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

チュニジア 国旗の由来
歴史的に関りの深いトルコの国旗を参考にしてデザインされたもの。
真紅の地色は神と宗教のための闘争を、白い円はイスラム諸国の一体性、三日月は古代都市国家カルタゴを建設した、フェニキア人の美の女神タニスを象徴する。また、五角星はイスラム教の5原理を示す。
       
 国名: チュニジア共和国

 国名(英語表記): Republic of Tunisia

 首都: チュニス

 人口: 994.10万人

 言語: アラビア語(公用語)、フランス語

 民族: アラブ人98%、ベルベル人1%

 宗教: イスラム教(国教)

 通貨: チュニジア・ディナール(TD)

 面積: 16万平方km(北海道の約2倍)
   国の特色:

紀元前9世紀より都市国家カルタゴとして盛えた。その後ローマ、ビザンチン帝国、オスマン=トルコの支配下におかれる。
1883年、フランスの保護領となり、1956年独立。社会主義路線をとったが、1970年以降自由化へ。
古代遺跡と豊富な自然の観光が名高い。
2010年から2011年にかけてチュニジアで起こった長期独裁政権に対する国民の不満、反政府デモ(民主化運動)、ジャスミン革命(ジャスミンがチュニジアを代表する花であることから)が起こった。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:チュニジア共和国

   
 画面内の YouTube のロゴを1回クリックすると、大きな画面でご覧になれます



チュニジアの旅1

チュニジアの旅2

チュニジアの旅3

 
チュニジアの旅4

チュニジアの旅5

チュニジアの旅6

 
チュニジアの旅7

27チュニジアの旅8

チュニジアの旅9

 
チュニジアの旅10

チュニジアの旅11

チュニジアの旅12

 
チュニジアの旅13







食  
 チュニジアの料理、食材、レシピ
   
・  チュニジアの家庭料理 その1 - ハリッサ、仔羊のスープ、魚のスープ、タジン、オッジャ、野菜の卵とじ、焼き野菜のサラダ。
・  チュニジアの家庭料理 その2 - 焼き野菜サラダ、ブリック、魚の煮込みのクスクス。

スマートWEB  
 チュニジアの関連サイト

チュニジア
   
・  TBS 世界遺産 - チュニス旧市街 文化遺産 / 登録年1979 。
・  NHK 世界遺産ライブラリー - チュニス旧市街。
・  NHK 世界遺産ライブラリー - カルタゴ遺跡 文化遺産 / 登録年1979 。
・  NHK 世界遺産ライブラリー - エル・ジェムの円形闘技場 文化遺産 / 登録年1979。
・  TBS 世界遺産 - イシュケル国立公園 自然遺産 / 登録年1980。
・  NHK 世界遺産ライブラリー - ケルクアンのカルタゴの町と墓地遺跡 文化遺産 / 登録年1985、拡張年1986。
・  NHK 世界遺産ライブラリー - スース旧市街 文化遺産 / 登録年1988。
・  TBS 世界遺産 - カイルアン 文化遺産 / 登録年1988。
・  NHK 世界遺産ライブラリー - ケルアン。
・  TBS 世界遺産 - ドゥッガ/トゥッガ 文化遺産 / 登録年1997。
・  NHK 世界遺産ライブラリー - ドゥッガ。
・  チュニジアの素顔 - チュニジア旅行情報、訪問記録など。
・  TUNISIAへ行こう! - チュニジア情報サイト。
・  在チュニジア日本大使館・総領事館
・  駐日チュニジア大使館
・  外務省・海外安全ホームページ - チュニジア(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店




世界遺産「カルタゴ遺跡」

世界遺産「カルタゴ遺跡」




世界遺産「スース旧市街」

世界遺産「スース旧市街」