コンポラ

南アフリカ




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

南アフリカ 国旗の由来
1994年に制定された新しい国旗。"Y"の字が横になった形は、国内のさまざまな人種や民族が、協調・統合されて前進することを示す。
赤色は独立のために流された血の犠牲を、黒と白は黒人と白人の平等を、緑色・黄色・青色はそれぞれ農業・鉱業・漁業の豊かさを表わしている。
       
 国名: 南アフリカ共和国

 国名(英語表記): Republic of South Africa

 首都: プレトリア

 人口: 4,483万人

 言語: アフリカーンス語、バンツー諸語(コサ語、ズールー語、ソト語、ツワナ語ほか5言語)、英語(以上11公用語)

 民族: 黒人76.1%、白人12.8%(オランダ系のアフリカーナー60%、イギリス系のブリトン40%)、混血8.5%(カラード)、インド系2.6%

 宗教: キリスト教(オランダ改革教会、英国教会、カトリック)80%、イスラム教、ヒンズー教(インド系)、伝統宗教

 通貨: ランド(Rand)

 面積: 122万平方km(日本の約3.2倍)
   国の特色:

19世紀にオランダ領からイギリス領へ。先住のオランダ系住民は北へ移動。そこでダイヤモンドと金鉱が発見され、イギリスが征服。1910年、南アフリカ連邦を結成した。人種隔離政策を推進し、国際的に孤立。1960年イギリス連邦からも脱退。
アフリカ民族会議(ANC)の抵抗運動によって関連法律が撤廃され、1994年、全人種参加の選挙でANCが大勝し、マンデラ政権成立、白人支配が終った。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:南アフリカ共和国




南アフリカ観光局動画






美術館  
 南アフリカ国内の美術館、博物館、ギャラリー情報
   
・  黄金アフリカ博物館 ケープタウン (英語) - 民族学ないし人類学の見地から諸文化を展示する博物館。

スマートWEB  
 南アフリカの関連サイト

南アフリカ
・  TBS 世界遺産 - グレーターセントルシア湿地公園 自然遺産 / 登録年1999。
・  TBS 世界遺産 - スタークフォンテン・スワートクランズ・クロムドライおよび周辺の人類化石地区  文化遺産 / 登録年1999、拡張年2005。
・  TBS 世界遺産 - ロベン島 文化遺産 / 登録年1999。
・  TBS 世界遺産 - ウカシュランバ/ドラッケンズバーグ公園  複合遺産 / 登録年2000。
・  TBS 世界遺産 - マプングブエの文化的景観 文化遺産 / 登録年2003。
・  TBS 世界遺産 - ケープ・フロラ保護地域  自然遺産 / 登録年2004。
・  南アフリカ観光局 - 旅行に関してのインターネット情報源。
・  在南アフリカ日本大使館・総領事館
・  駐日南アフリカ大使館
・  外務省・海外安全ホームページ - 南アフリカ(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店




パタパタ by ミリアム・マケバ





南アフリカの音楽と踊り