コンポラ

ソロモン諸島




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

ソロモン諸島
国旗の由来
青色は南太平洋の豊かな水を、緑色は美しい自然と国土を、黄色は太陽を象徴する。
5つの星は国土を構成する主要な島々を表すと同時に、南十字星を表現している。
       
 国名: ソロモン諸島

 国名(英語表記): Solomon Islands

 首都: ホニアラ

 人口: 46万人

 言語: 英語(公用語)、ビジン英語(共通語)

 民族: メラネシア系が大半、他に少数のポリネシア系とミクロネシア系

 宗教: キリスト教

 通貨: ソロモン・ドル(SI$)

 面積: 2万8千平方km(四国の約1.6倍)
   国の特色:

南太平洋のメラネシアに属する島嶼(トウショ)群からなる。
古代の伝説ソロモン王の財宝を求めて、16世紀にスペイン人が到達。これがこの島の由来となる。19世紀末にイギリスの保護領となり、第二次世界大戦中は日本軍が占領。1978年、イギリス連邦の一員として独立。1992年、パプアニューギニア軍が侵入し関係が悪化した。木材や水産物を主産物。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:ソロモン諸島

スマートWEB  
 ソロモン諸島の関連サイト

ソロモン諸島
   
・  ソロモン諸島に関するQ&A - 知恵袋
・  日本ソロモン友好協会 - 青少年交流、慰霊事業など。
・  在ソロモン日本国大使館
・  外務省・海外安全ホームページ - ソロモン諸島(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店