コンポラ

ルワンダ




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

ルワンダ
国旗の由来
青色は青空と希望を、黄色は平和と協調を、緑色は豊かな農業と繁栄を象徴し、右上に輝く太陽は、国民の団結と未来への明るい展望を表している。
       
 国名: ルワンダ共和国

 国名(英語表記): Republic of Rwanda

 首都: キガリ

 人口: 820万人

 言語: フランス語、キニヤルワンダ語(以上公用語)

 民族: バンツー系フツ族90%、ナイル系ツチ族9%、トワ族(ピグミー)1%

 宗教: キリスト教55%、伝統宗教44%、イスラム教1%

 通貨: ルワンダ・フラン

 面積: 11万平方km(北海道の約1.3倍)
   国の特色:

「千の丘の国」と呼ばれる内陸国。
15世紀に成立したルワンダ王国は、少数のツチ族が多数のフツ族を支配していた。1885年、ブルンジとともにドイツの植民地となり、ついでベルギーの統治下となったが、少数の支配は温存された。
1962年に独立。それと前後して、ツチ族とフツ族の衝突がおき2万人が死亡。その後も紛争が絶えず、難民が流出。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:ルワンダ共和国

スマートWEB  
 ルワンダの関連サイト

ルワンダ
   
・  ようこそ、ルワンダ。 - フォトギャラリー、ルワンダコーヒーの紹介。
・  ルワンダの教育を考える会 - NPO法人。
・  在ルワンダ日本大使館・総領事館
・  駐日ルワンダ大使館
・  外務省・海外安全ホームページ - ルワンダ(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店