コンポラ

ニジェール




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

ニジェール 国旗の由来
オレンジが北部のサハラ砂漠と独立を、緑は南部と西部の豊かな土地と繁栄を、白は平和と純潔を表している。
中央の円はすべての恵みをもたらす太陽で、国民の権利を守る強い意志を表している。
       
 国名: ニジェール共和国

 国名(英語表記): Republic of Niger

 首都: ニアメ

 人口: 1,197万人

 言語: フランス語(公用語)、ハウサ語、ソンガイ語、トゥアレグ語、ジェルマ語、フラニ語

 民族: ハウサ族54%、ソンガイ族とジェルマ族23%、フラニ族10%、ベリベリ=マンガ族9%、トゥアレグ族3%

 宗教: イスラム教85%、伝統宗教

 通貨: CFAフラン

 面積: 127万平方km(日本の約3.3倍)
   国の特色:

サハラ砂漠南部に位置する内陸国。
19世紀後半、イギリス、フランスが進出したが、両国の協定でフランスの支配が確定した。1922年に、フランス領西アフリカの一部となった。1960年独立。1974年軍事政権が成立したが、1989年に民政へ移管。
農牧業とウラン関連産業が中心。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:ニジェール共和国

スマートWEB  
 ニジェールの関連サイト

ニジェール
   
・  TBS 世界遺産 - アイールとテネレの自然保護区 自然遺産 / 登録年1991 / 危機遺産。
・  らふぃや - 西アフリカのニジェール共和国について紹介。
・  JICAニジェール事務所 - みんなの学校プロジェクト(住民参画型学校運営改善計画)紹介など。
・  在ニジェール日本大使館・総領事館
・  外務省・海外安全ホームページ - ニジェール(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店