コンポラ

リヒテンシュタイン




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

リヒテンシュタイン
国旗の由来
1719年に公国として自治権を獲得した際に制定。
青は空、赤は炉の火を表し、王冠は統治者と人民が一体であることを象徴するといわれる。
       
 国名: リヒテンシュタイン公国

 国名(英語表記): Principality of Liechtenstein

 首都: ファドゥーツ

 人口: 32,015人

 言語: 独語(日常語は独語アレマン方言)

 民族: リヒテンシュタイン人(ゲルマン系アレマン人)95%、イタリア人

 宗教: カトリック80%、プロテスタント6.9%

 通貨: スイス・フラン(SFr)

 面積: 157平方キロメートル
   国の特色:

スイスとオーストリアとの国境に位置する。
18世紀はじめに誕生。神聖ローマ帝国の一員となる。19世紀前半はドイツ連邦に属し、1866年、独立した。翌年、永世中立国となる。二つの世界大戦でも非武装中立を貫く。女性参政権が認められたのが1984年のこと。スイスとの関係が深い。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:リヒテンシュタイン公国

スマートWEB  
 リヒテンシュタインの関連サイト

リヒテンシュタイン
   
・  リヒテンシュタイン観光局
・  在リヒテンシュタイン日本大使館・総領事館
・  外務省・海外安全ホームページ - リヒテンシュタイン(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。
コンポラ百貨店