コンポラ

キリバス




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

キリバス 国旗の由来
波の上に昇る太陽は日付変更線上にあるこの国を象徴している。
鳥は熱帯の海鳥のグンカンドリである。赤地に黄の軍艦鳥と太陽は、イギリス植民地時代の旗にあった紋章をもとにしている。
1979年の独立時に制定。
       
 国名: キリバス共和国

 国名(英語表記): Republic of Kiribati

 首都: タラワ

 人口: 9.5万人

 言語: キリバス語、英語(公用語)

 民族: ミクロネシア系98.9%

 宗教: キリスト教(カトリック、プロテスタント)

 通貨: 豪州ドル

 面積: 約730平方km(琵琶湖の約1.1倍)
   国の特色:

18世紀にイギリス人が植民を開始。
国名は島を測量した海軍大佐の名前ギルバートがなまったもの。その後、エリス諸島とともにギルバート・エリス植民地となる。クリスマス島は、イギリス・アメリカの核実験場となった。
ミクロネシア系住民の多いエリス諸島と分離し、1979年イギリス連邦内の共和国として独立。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:キリバス共和国

スマートWEB  
 キリバスの関連サイト

キリバス
   
・  キリバスのエコ自然環境・活動 - キリバスの訴えが最も心に響く、地球温暖化と水没について。
・  キリバス共和国名誉総領事館 - 国のプロフィール、ビザ取得情報など。
・  外務省・海外安全ホームページ - キリバス(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店




キリバスの伝統ダンス Traditional dance of Kiribati