コンポラ

ガボン




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

ガボン 国旗の由来
緑は森林を、黄は太陽を、青は海を表すという。この地で医療活動に従事したシュバイツァー博士の著書にヒントを得たといわれる。1959年に制定された時には左上にフランス国旗が配されていたが、1960年の独立と同時に取り除かれた。
       
 国名: ガボン共和国

 国名(英語表記): Gabonese Republic

 首都: リーブルビル(Libreville)

 人口: 129万3,500人

 言語: フランス語(公用語)、ミエネ語、バトゥケ語

 民族: バプヌ族・エチラ族などバンツー系約3分の2、ファン系3分の1

 宗教: キリスト教約60%(カトリックが大半)、伝統宗教約40%

 通貨: CFAフラン

 面積: 27万平方km(日本の約7割)
   国の特色:

アフリカ中部、ギニア湾に接する。
15世紀にポルトガル人が来航、奴隷貿易を行う。イギリス、オランダ、フランスも進出し奴隷貿易を行った。19世紀に奴隷貿易が禁止されて後、フランスの植民地となる。
首都リーブルビル(自由の町)は解放奴隷の町として建設された。1960年独立。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:ガボン共和国




Gabon Ikoku





スマートWEB  
 ガボンの関連サイト

ガボン
   
・  在ガボン日本大使館・総領事館
・  駐日ガボン大使館
・  外務省・海外安全ホームページ - ガボン(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店




ガボンの音楽とイメージ