コンポラ

赤道ギニア




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

赤道ギニア 国旗の由来
青は海を、緑は農業を、白は平和を、赤は独立のために流された血を表す。
紋章に画かれているのは、パンヤの木と団結・平和・正義と書かれた白いリボン。 6つの星は大陸部のリオムニと5つの島を示している。
       
 国名: 赤道ギニア共和国

 国名(英語表記): Republic of Equatorial Guinea

 首都: マラボ(Malabo)(ビオコ島に位置する)

 人口: 101.5万人

 言語: スペイン語(公用語)、仏語(第2公用語)、ブビ語、ファン語

 民族: ファン族85%、コンベ族、バレンゲ族、ブビ族、イボ族、ブジェバ族など

 宗教: カトリック80%、伝統宗教

 通貨: CFAフラン

 面積: 2万8千平方km(四国の約1.6倍)
   国の特色:

赤道直下に位置することが国名の由来。
15世紀にポルトガル人が来航したが、18世紀末スペイン領へ。1960年、住民にスペイン市民権が与えられ、アフリカ人議員が誕生したが、本国の同化政策に対して、独立運動が活発化し、1968年、独立を達成。
カカオ・コーヒーなどの栽培が盛ん。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:赤道ギニア共和国

スマートWEB  
 赤道ギニアの関連サイト

赤道ギニア
   
・  在赤道ギニア日本大使館・総領事館
・  外務省・海外安全ホームページ - 赤道ギニア(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店