コンポラ

ドミニカ国




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

ドミニカ国 国旗の由来
1978年に独立した際に制定されたもの。緑が国土を、黒が国民の大多数をしめる黒人の伝統を、白は純粋を、黄はインディオと柑橘類、バナナ、太陽を表している。また、3色の十字は国民の信仰を、赤い円は社会主義を、10の星は10の地方を表している。鳥は国鳥のオウム。
       
 国名: ドミニカ国

 国名(英語表記): Commonwealth of Dominica

 首都: ロゾー

 人口: 7.1万人

 言語: 英語(公用語)、パトア語(フランス語の方言)、クレオール語

 民族: アフリカ系黒人とその混血約90%

 宗教: カトリック80%

 通貨: 東カリブ・ドル(EC$)

 面積: 800平方km(佐渡島と同じくらい)
   国の特色:

西インド諸島南東部の島。
1493年コロンブスが発見。17世紀にフランス人が入植を開始したが、イギリスとの争いに敗れ、19世紀はじめにイギリス領となる。1967年、自治権を獲得し、1978年、イギリス連邦の一員として独立。
バナナが主要輸出品。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:ドミニカ国共和国

スマートWEB  
 ドミニカ国の関連サイト

ドミニカ国
   
・  NHK 世界遺産ライブラリー - モントロワピトン国立公園 自然遺産 / 登録年1997。
・  ドミニカ国政府観光局(英語) - ドミニカの歴史、自然、文化、芸術などの紹介。
・  外務省・海外安全ホームページ - ドミニカ国(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店