コンポラ

コモロ




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

コモロ 国旗の由来
イスラム教で神聖な色とされている緑色に、イスラム教のシンボルである月と星が配置されており、4つの星はコモロ群島を形成する、Mwali、Njazidja、Nzwani、Mayotteの主要4島を表現する。1999年のクーデター後の民主化プロセスに基づいて、2001年12月に新しい憲法が採択され、同時に国旗も新しく制定された。
       
 国名: コモロ連合

 国名(英語表記): Union of Comoros

 首都: モロニ(Moroni)

 人口: 60万人

 言語: フランス語・アラビア語(公用語)、コモロ語(スワヒリ語に近い)

 民族: アフリカ系黒人、マルガシュ人(大部分)

 宗教: イスラム教が大部分

 通貨: コモロ・フラン

 面積: 2,171平方km(東京都とほぼ同じ)
   国の特色:

モザンビーク海峡北部の4島から成る。
19世紀にフランス領となる。1938年、近海で、生きた化石シーラカンスの生息が確認された。主要4島のうち、3島にはイスラム教徒、1島にはフランス人が多く住んでいた。1975年、独立を宣言したが、フランス人の多い島は住民投票によりフランス領に残ることを決定した。
1999年のクーデター後の民主化プロセスに基づいて、2001年12月に新しい憲法が採択された。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:コモロ連合




スマートWEB  
 コモロの関連サイト

コモロ
   
・  在コモロ日本大使館・総領事館
・  外務省・海外安全ホームページ - コモロ(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。
-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店




コモロの音楽とイメージ