コンポラ

チャド




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

チャド
国旗の由来
1959年、制定。フランスの3色旗を手本に、青は空、希望、農業と国の南部を、黄は太陽と北部の砂漠地帯を、赤は進歩、統一と国民の自己犠牲の精神を表している。
       
 国名: チャド共和国

 国名(英語表記): Republic of Chad

 首都: ウンジャメナ

 人口: 838.9万人

 言語: 仏語、アラビア語(以上公用語))、シャハン語

 民族: アラブ系カネブ族・シブ族など(北部)、スーダン系サラ族(南部)

 宗教: イスラム教50%、キリスト教5%、伝統宗教

 通貨: CFAフラン

 面積: 128万平方km(日本の約3.7倍)
   国の特色:

アフリカ中央部の内陸国―アラブとアフリカの接点。アフリカ中部にありサハラ砂漠の南に接する。9世紀頃からチャド湖周辺にカネム・ボルヌー帝国が栄えた。
1910年フランス領となり、1960年に独立。北部のアラブ系イスラム教徒と南部のスーダン系非イスラム教徒とが対立。
ウランなどの豊富な鉱産資源の埋蔵が確認されている。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:チャド共和国




チャドの人々





スマートWEB  
 チャドの関連サイト

チャド
   
・  在チャド日本大使館・総領事館
・  外務省・海外安全ホームページ - チャド(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店