コンポラ

カーボヴェルデ




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

カーボヴェルデ
国旗の由来
青色は広大な太平洋を、白色は平和と安定を、赤色は独立の為に流された尊い血を象徴し、円状に並ぶ10個の星は国土を構成する10の主な島々を表す。
       
 国名: カーボヴェルデ共和国

 国名(英語表記): Republic of Cape Verde

 首都: プライア(Praia)

 人口: 44.6万人

 言語: ポルトガル語(公用語)、クリオール語

 民族: ムラート(ポルトガル人との混血)約70%、ギニアの奴隷子孫

 宗教: カトリック98%

 通貨: カーボヴェルデ エスクード

 面積: 4千平方km(東京都の約2倍)
   国の特色:

アフリカ大陸西方、大西洋上の諸島から成る。
15世紀にポルトガル人が上陸し植民を開始。大陸のビサウ周辺のポルトガル領とともに、奴隷貿易で繁栄した。1951年にポルトガルの植民地から海外県となり1975年独立。大陸のギニア・ビサウとの統合が計画されていたが挫折。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:カーボヴェルデ共和国




カーボベルデ





スマートWEB  
 カーボヴェルデの関連サイト

カーボヴェルデ
   
・  カーボベルデへようこそ - 国の紹介や写真。
・  在カーボヴェルデ日本大使館・総領事館
・  外務省・海外安全ホームページ - カーボベルデ(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店




カーボベルデの音楽