コンポラ

カメルーン




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

カメルーン 国旗の由来
緑は南部の森林地帯を、黄色は北部のサバンナを、赤は両者の団結を表すという。
赤地の一つ星は、1972年の東カメルーンと西カメルーンの統一時にそれまでの二つ星を一つにしたもの。
       
 国名: カメルーン共和国

 国名(英語表記): Republic of Cameroon

 首都: ヤウンデ

 人口: 1,544万人

 言語: 英語、フランス語(以上公用語)、バミレケ語、ファン語、ドゥアラ語、フルベ語、アラビア語

 民族: バンツー系(南部と西部)のファン族・バミレケ族、スーダン系(北部)のフルベ族(フラニ族)、ドゥル族など約200部族

 宗教: 伝統宗教50%、キリスト教30%(カトリック15%、プロテスタント15%)、イスラム教20%

 通貨: CFAフラン

 面積: 48万平方km(日本の約1.3倍)
   国の特色:

中部アフリカのバイリンガル国家。
1884年ドイツの保護領となる。第一次大戦後、西がイギリス、東がフランスの委任統治領へ。1960年、東カメルーンが独立し、翌年、西カメルーンが住民投票の結果、北がナイジェリアと合併、南が東カメルーンと連邦を形成し現在の領域となる。
1982年現国名に変更。イスラム・非イスラムの宗教対立の火種を抱える。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:カメルーン共和国




カメルーン





スマートWEB  
 カメルーンの関連サイト

カメルーン
   
・  Cameroon Field Station - カメルーン・フィールド・ステーション。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科による研究。
・  在カメルーン日本大使館・総領事館
・  外務省・海外安全ホームページ - カメルーン(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店




カメルーンの音楽とイメージ