コンポラ

ボリビア




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

ボリビア 国旗の由来
赤は独立闘争で流された尊い血を、黄色は豊かな鉱物資源を、緑は森林資源を象徴する。
中央の紋章には、ポトシの丘やコンドル、ラマ、パンの木など、ボリビア各州の特徴的な絵柄が描かれている。
1888年制定。
       
 国名: ボリビア多民族国

 国名(英語表記): Republic of Bolivia

 首都: ラパス(法律上の首都はスクレ)

 人口: 871万人

 言語: スペイン語、ケチュア語、アイマラ語(以上公用語))

 民族: 先住民(ケチュア人、アイマラ人)55%、メスチソ(白人とインディオの混血)32%、白人(スペイン人の子孫)13%

 宗教: カトリック95%、伝統宗教

 通貨: ボリビアーノ

 面積: 110万平方km(日本の約3倍)
   国の特色:

国土の約40%がアンデスの高地・渓谷部からなる内陸国で、古くはインカ帝国の一部。16世紀にスペインに征服され、1824年、ペルーとともに独立。ボリビアの国名は、独立運動の指導者ボリバルに由来する。19世紀後半、硝石資源をめぐるチリとの戦いに敗れ、沿岸部を失い、海への出口を失う。この問題は現在でも尾をひき、両国は対立関係にある。
錫(スズ)・亜鉛・天然ガスなどが主要産物。
2009年3月、国名を「ボリビア共和国」から「ボリビア多民族国」に変更した。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:ボリビア多民族国

食  
 ボリビアの料理、食材、レシピ
   
・  ボリビアの家庭料理 - チョレジャーナ、スパイシーフライドチキン、ランガ、雌鶏の唐辛子煮込み、シルパンチョ、サルテーニャ。

文化  
 ボリビアの文化

民族衣装


スマートWEB  
 ボリビアの関連サイト

ボリビア
   
・  TBS 世界遺産 - ポトシ市街 文化遺産 / 登録年1987。
・  NHK 世界遺産ライブラリー - ポトシ市街。
・  TBS 世界遺産 - チキトスのイエズス会伝道施設 文化遺産 / 登録年1990。
・  TBS 世界遺産 - 古都スクレ 文化遺産 / 登録年1991。
・  TBS 世界遺産 - ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地 文化遺産 / 登録年2000。
・  NHK 世界遺産ライブラリー - ティワナク。
・  日本ボリビア協会 - 会報「カントゥータ」 の紹介など。
・  在ボリビア日本国大使館
・  外務省・海外安全ホームページ - ボリビア(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店




ボリビアの伝統文化カーニバル





ボリビア・カラワヤの伝統文化