コンポラ

屋久島



画像をクリック → → 拡大
屋久島 (鹿児島県)


名称 …… 屋久島
所在地 …… 鹿児島県
登録年月 …… 1993年12月

屋久島(やくしま) 世界自然遺産 日本 屋久島(やくしま)は、九州大隅半島の南南西約60 km の海上に位置する、鹿児島県の島。
近隣の種子島や口永良部島などと共に大隅諸島を形成する。
面積504.88 km2。円形に近い五角形をしている。
鹿児島県の島としては奄美大島に次いで2番目、日本全国でも9番目の大きさである(北海道・本州・四国・九州を除く)。


屋久島(やくしま) 世界自然遺産 日本 210 アジェ ブログ
豊かで美しい自然が残されており、島の中央部の宮之浦岳を含む屋久杉自生林や西部林道付近など、島の面積の約21 %にあたる107.47 km2がユネスコの世界自然遺産に登録されている。
世界遺産への登録は1993年、姫路城・法隆寺・白神山地とともに日本初。


屋久島(やくしま) 世界自然遺産 日本 地理

島の周囲約132 km。中央部には日本百名山の一つで九州最高峰の宮之浦岳 (1,936 m) がそびえ立つ。さらにこの他にも数多くの1,000 m 級の山々を有し、「洋上のアルプス」の呼び名がある。海からの湿った風はこれらの山にぶつかり、「ひと月に35日雨が降る」と表現されるほど大量の降雨をもたらす。年間降水量は平地で約4,000 mm、山地で約8,000 mm にも達する。また亜熱帯地域に位置する島でありながら、高い山があることで亜熱帯から亜寒帯に及ぶ多様な植物相を目にすることができる。島の中心部には、日本最南端の高層湿原である小花之江河、花之江河(はなのえごう)が存在し、山頂付近の平均気温は札幌市の平均気温よりも低い。




 屋久島(やくしま) 世界自然遺産 日本  屋久島(やくしま) 世界自然遺産 日本  屋久島(やくしま) 世界自然遺産 日本


 屋久島(やくしま) 世界自然遺産 日本
野生動物としては、ヤクシマザルやヤクシカが数多く生息している。

縄文杉、ウィルソン株をはじめ、屋久杉の大木が自生。日本最北端のガジュマル林がある。島北部の永田浜は世界有数のウミガメの産卵地である。

島北西部の砂浜、前浜といなか浜は、屋久島永田浜という名称で2005年11月、ラムサール条約登録湿地となった。



エコツアー

屋久島は豊かで多様な自然環境を舞台にして、登山、森歩き、カヤック・カヌー、沢登り、スキューバダイビング等、多様なエコツアーが実施されている。


屋久島(やくしま) 世界自然遺産 日本  屋久島(やくしま) 世界自然遺産 日本


交通機関

ジェットフォイル「トッピー」航空機
・ 日本エアコミューター(鹿児島空港 - 屋久島空港・1日5往復)片道12,370 円 往復22,460 円


・ 鹿児島商船 ジェットフォイル「トッピー」(鹿児島本港 - 宮之浦港・安房港 1日4往復)片道7,000 円 往復12,600 円
・ 折田汽船 フェリー フェリー屋久島2(鹿児島本港 - 宮之浦港 1日1往復)片道5,200 円 往復8,500 円(繁忙期 10,400 円)
・ コスモライン ジェットフォイル「ロケット」(鹿児島北埠頭 - 宮之浦港 1日2往復)片道5,000 円 往復9,200 円

屋久島(やくしま) 世界自然遺産 日本 バス
・ 種子島・屋久島交通

鉄道 ・ 営業用ではないが、日本最後の森林鉄道(安房森林軌道)があるのがこの屋久島である。軌道の一部に登山道との供用区間がある。ただし屋久島電工が管理・運行する区間は全線立入禁止となっている。




屋久島 世界自然遺産の本 DVD


屋久島 世界遺産 縄文杉 白谷雲水峡





世界遺産 屋久島 1/5





世界遺産 屋久島 2/5





世界遺産 屋久島 3/5





世界遺産 屋久島 4/5





世界遺産 屋久島 5/5





 旅しよう!屋久島

予約  


宿泊 & ツアー

交通、宿泊がセットになった、お得で便利なパックツアー。
人気の宿や滞在日数が自由に選べるので、好みや予算に合わせた旅がつくれます。
屋久島ツアー

自由に選ぶ旅

宿泊・交通・予算を、自分で選んで こだわりの旅に出かけませんか?
近くの温泉や散策、ショッピング、食べ歩きなどの寄り道も思いのままにできます。

バリアフリーの旅

お年寄りや、お体の不自由な方、ペット連れでも安心して利用できる宿をご紹介します。
ご家族みんなで、気の合う仲間が集まって、思い出に残る旅をしませんか。