コンポラ

知床



画像をクリック → → 拡大
知床 (北海道)


名称 …… 知床
所在地 …… 北海道
登録年月 …… 2005年7月

知床(しれとこ)は日本にある世界遺産登録物件。2005年7月14日に南アフリカ共和国 ダーバンで行われた第29回ユネスコ世界遺産委員会で2005年7月17日正式に登録された。

知床(しれとこ) 地図   知床(しれとこ)   知床(しれとこ)


知床(しれとこ)
概要

北海道の東端にあるオホーツク海に面した知床半島と、その沿岸海域が登録の対象となっている。半島中央部は、千島火山帯が貫き、海岸線は荒く海に削られた地域である。冬には世界で最も南端に接岸する流氷が訪れる。この流氷により大量のプランクトンが知床半島付近にもたらされ、サケなどの豊富な魚介類が生息する。



知床(しれとこ) サケは秋に知床の河川を遡上し、ヒグマやオジロワシなどに捕食される。これらの動物の排泄物および死骸は、植物の栄養素として陸地に還元される。このような、海と陸との食物連鎖を見ることのできる貴重な自然環境が残る点が国際自然保護連合(IUCN)に評価され、2005年に世界自然遺産の登録物件となった。


知床(しれとこ)
日本では、自然遺産として3件目の登録。また、海岸線から約3km沖まで登録地域となり、日本で初めて海洋を含む自然遺産登録物件となった。



知床(しれとこ)  知床(しれとこ)  知床(しれとこ)


登録までの道標
知床(しれとこ)
1964年6月 - 知床半島が知床国立公園に指定
1986年〜1987年 - 「知床国有林伐採問題」発生
1998年 - 斜里町、羅臼町の町予算に世界遺産登録事業費が計上
2003年 - 日本政府が知床を世界遺産物件としてユネスコに推薦することを決定
2004年 - ユネスコに対して推薦状を提出
2004年7月 - IUCNによる実地調査
2005年7月 - 世界自然遺産として正式登録




知床(しれとこ)知床(しれとこ)

オシンコシンの滝羅臼岳から見た知床連山


当地域の特徴は、海岸線付近に多数の住民が住み、漁業を営んでいることにある。特に、羅臼町側は、付加価値が高く高品位の昆布、ホッケ、スケトウダラなどが漁獲できこともあり、観光業より漁業が盛んである。こうした住民事情から、世界遺産の申請に当たっては漁業規制の強化を行わないことを前提としていたが、結果的に海岸から3kmの区域を保護区域として設定したほか、海域管理計画の策定が義務づけられることとなった。


知床(しれとこ) 知床(しれとこ)


知床(しれとこ) 海域管理計画については、知床科学委員会の海域ワーキンググループにより、多利用型統合的海域管理計画として策定検討が進められ、2007年には海洋環境・生態系の保全と(現状以上の漁業規制を盛り込まない)持続的漁業の両立を盛り込んだ計画の素案がまとめられている。

なお、保護区域の目と鼻の先はいわゆる北方領土の国後島があり、実効支配しているロシア側がトロール船でスケトウダラを根こそぎ漁獲していく実態があることから、保護規制が課せられる羅臼側の漁業関係者は、ロシア側の資源管理についても踏み込むよう要望している。




知床(しれとこ) 世界遺産登録地域内だけでも岩尾別川を始めとして、河川に数十基もの河川工作物(砂防ダム、治山ダム等のサケ科魚類の移動を妨げる河川の横断構造物)が存在している。サケの遡上の障害が指摘され、その対策として魚道(迂回水路)等の設置が検討されている。しかし砂防ダム等の河川工作物は海洋への土砂の流入を妨げており、また景観の点での問題だとの指摘を受けている。砂防ダム又は治山ダムを設置・管理している林野庁(治山ダムを設置)、北海道(砂防ダム及び治山ダムを設置)は土砂災害の予防の観点から撤去に難色を示した。



知床(しれとこ) こうした構造物への対策として、知床科学委員会の河川工作物ワーキンググループでは、魚類等に対する影響評価及び改良方法の検討が進められており、2006年には助言を受ける形で対策工事も始まった。

また観光客とヒグマとの接近の防止、エゾシカやキタキツネなどへの餌付け行為の防止など観光客が増える点での課題も挙げられている。




知床(しれとこ)  知床(しれとこ)


登録基準

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた。

陸上、淡水、沿岸、および、海洋生態系と動植物群集の進化と発達において、進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには、科学上、または、保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。


知床(しれとこ) 具体的には以下の重要性が基準に該当するものとして認められた。

知床は海洋生態系と陸上生態系の相互作用を示す顕著な例である。そのたぐいまれな生物生産は流氷の形成に大きな影響を受けている。なお、知床は流氷が漂着する海岸としては、北半球で最南端に位置する。 知床はシマフクロウやシレトコスミレなどの絶滅危惧・固有の動植物が生育する地域であり、またサケ類やトド、クジラ類などの海洋生物の生存にとって重要な海域を含む。さらには、本地域は世界的にも絶滅の危機にある海鳥の生息地であり、渡り鳥にとって重要な場所でもある。


アクセス

西から国道334号、東から国道335号が通じている。

斜里バス - ウトロ温泉発着

釧網本線・知床斜里駅より約60分
知床五湖まで約1時間25分
石北本線・網走駅より約1時間50分
女満別空港より約2時間10分
網走バス(夏期・2月〜3月運行) - ウトロ温泉発着

釧網本線・知床斜里駅より約45分
網走バスターミナル、石北本線・網走駅より約1時間30分
女満別空港より約2時間
阿寒バス - 羅臼発着

知床(しれとこ) 根室本線・釧路駅より約3時間35分
中標津空港からは、根室交通根室行で中標津ターミナルまで約10分、上記バスに乗り換え約1時間30分
阿寒バス・斜里バス(6月15日〜10月15日運行)

ウトロ温泉 - 知床峠 - 羅臼湖入口 - 羅臼温泉 - 羅臼
斜里バス・北海道中央バス

イーグルライナー(札幌ターミナル/札幌駅前ターミナルより約7時間30分 2007年4月20日運行開始)
上記の他、定期観光バスや周遊バスが運行される。

知床岬へはウトロ港から遊覧船でのみ行くことができる。(但、営業は夏季のみで、上陸はできない)




知床世界自然遺産の本 DVD



世界遺産 知床半島





世界自然遺産「知床」





世界遺産 知床





世界遺産 知床の空撮





 旅しよう!知床

予約  


宿泊 & ツアー

交通、宿泊がセットになった、お得で便利なパックツアー。
人気の宿や滞在日数が自由に選べるので、好みや予算に合わせた旅がつくれます。
知床ツアー

自由に選ぶ旅

宿泊・交通・予算を、自分で選んで こだわりの旅に出かけませんか?
近くの温泉や散策、ショッピング、食べ歩きなどの寄り道も思いのままにできます。

バリアフリーの旅

お年寄りや、お体の不自由な方、ペット連れでも安心して利用できる宿をご紹介します。
ご家族みんなで、気の合う仲間が集まって、思い出に残る旅をしませんか。