コンポラ

西本願寺



画像をクリック → → 拡大
西本願寺 (京都市下京区)


古都京都の文化財 世界文化遺産・日本 概要

西本願寺(にしほんがんじ Nishi Hongwanji)は、京都府京都市下京区にある浄土真宗本願寺派本山の寺院。正式の寺号は本願寺(ほんがんじ)。同じ下京区内にある東本願寺(正式名称は真宗本廟)と区別するために「西本願寺」「お西さん」などと呼ばれることが多い。 2011年4月9日より本願寺御影堂にて親鸞聖人750回大遠忌法要開始予定。

歴史

宗祖親鸞聖人入滅後、末娘の覚信尼が1272年(文永9年)に現在の京都市東山区林下町(知恩院三門北の崇泰院あたり)に廟堂を営み、遺骨を安置したのが本願寺の発祥とされる。その後、廟堂は内紛のため破壊されたが、3代覚如が再建して専修寺と号し、さらに本願寺と改称した。その後、各地に寺基を移転、1591年(天正19年)、豊臣秀吉により寺地の寄進を受け、天満にあった寺基より現在の堀川六条に移転する。廟堂は江戸時代初頭、東山五条坂西大谷に移り現在の「大谷本廟」となっている。

古都京都の文化財 世界文化遺産・日本 11代顕如の子教如が徳川家康によって本願寺の東に寺領を与えられ、1602年に本願寺が東西に分かれた際、教如が開いた寺を東本願寺と呼んだため、それまでの本願寺は西本願寺と通称されるようになった。

幕末期には京都を守る剣客集団新選組の本拠地ともなっている。現在まで境内地に大きな変化は無いが、1876年(明治9年)に真宗興正派が独立した際に南境内地を割譲。近年、境内地北側の旧本圀寺跡地(日蓮宗大本山、山科区に移転)を購入している。本願寺の寺基自体は400年以上に渡り移転していない。




古都京都の文化財 世界遺産の本 DVD




西本願寺





 旅しよう!西本願寺

予約  


宿泊 & ツアー

交通、宿泊がセットになった、お得で便利なパックツアー。
人気の宿や滞在日数が自由に選べるので、好みや予算に合わせた旅がつくれます。
京都ツアー

自由に選ぶ旅

宿泊・交通・予算を、自分で選んで こだわりの旅に出かけませんか?
近くの温泉や散策、ショッピング、食べ歩きなどの寄り道も思いのままにできます。

バリアフリーの旅

お年寄りや、お体の不自由な方、ペット連れでも安心して利用できる宿をご紹介します。
ご家族みんなで、気の合う仲間が集まって、思い出に残る旅をしませんか。