コンポラ

紀伊山地の霊場と参詣道



画像をクリック → → 拡大
紀伊山地の霊場と参詣道 (和歌山県)


名称 …… 紀伊山地の霊場と参詣道
所在地 …… 和歌山県、奈良県、三重県
登録年月 …… 2004年7月

紀伊山地-高野山01.jpg 紀伊山地マップ.jpg


紀伊山地の霊場と参詣道(きいさんちのれいじょうとさんけいみち)は、和歌山県・奈良県・三重県にまたがる霊場、寺院、参詣道(熊野古道、大峯奥駈道、高野山町石道)などの総称。2004年7月7日、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。(7月1日に登録が決定した)。

紀伊山地-吉02.jpg 吉野・大峯

吉野山(よしのやま)は奈良県の中央部・吉野郡吉野町に位置する山。国の史跡・名勝。 大峰信仰登山の根拠地であり、日本史上の転回点にもたびたび登場している。古くから花の名所として有名。この一帯は1936年吉野熊野国立公園に指定されている。さらに吉野山・高野山から熊野にかけての霊場と参詣道が2004年7月、『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界遺産に登録された。

・金峯山寺
紀伊山地-金01.jpg
  ・金峯神社
紀伊山地-金神社01.jpg


紀伊山地-大峰山0.jpg 大峯山(おおみねさん)は奈良県の中央にある山。 この一帯は1936年吉野熊野国立公園に指定され、さらに2004年(平成16年)7月ユネスコの世界遺産に「紀伊山地の霊場と参詣道」の文化的景観を示す主要な構成要素として史跡「大峯山寺」史跡「大峯奥駈道」が登録された。1984年(昭和59)8月、大峰山寺の外陣回りの地下調査で、2体の黄金仏が検出された。



熊野

熊野三山(くまのさんざん)は、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の三つの神社の総称。熊野三山の名前からもわかる通り、仏教的要素が強い。2004年に、「紀伊山地の霊場と参詣道」として、高野山などとともにユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。日本全国に約3千社ある熊野神社の総本社である。

・熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)
紀伊山地-速玉02.jpg
  ・熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)
紀伊山地-本宮01.jpg
・熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)
紀伊山地-那智01.jpg
  ・那智滝(なちのたき)
紀伊山地-那智滝03.jpg
・青岸渡寺(せいがんとじ)
紀伊山地-那智滝04.jpg
  ・那智原生林
紀伊山地-那智原生林 01.jpg



紀伊山地-高野山マップ01.jpg 高野山

高野山(こうやさん)は、和歌山県にある標高約1,000メートル前後の山々の総称。平安時代の弘仁10年(819年)頃より弘法大師空海が修行の場として開いた高野山真言宗、ひいては比叡山と並び日本仏教における聖地であり総本山金剛峯寺がある。山内の寺院の数はおよそ117ヶ寺(多くが宿坊を兼ねている)。平成16年(2004年)7月、『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界遺産に登録された。高野山は金剛峯寺の山号でもある。太平洋戦争当時、海軍航空隊があった。



・金剛峯寺(こんごうぶじ)
紀伊山地-高野山-金剛峯寺01.jpg
  ・金剛三昧院(こんごうさんまいいん)
紀伊山地-高野山-金剛三昧院01.jpg
・慈尊院(じそんいん)
紀伊山地-高野山-慈尊院01.jpg
   



参詣道(熊野古道)

大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる修行道であり、熊野参詣道のひとつ。

小辺路(こへち)は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道・熊野古道のひとつ。

中辺路(なかへち)は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道・熊野古道のひとつ。田辺から山間部の熊野本宮大社・熊野那智大社を通って、熊野速玉大社に至るおよそ21里(84km)の行程である。 中辺路とは海沿いを行く大辺路に対する呼称で、辺路には遍路という意味がある。

大辺路(おおへち)は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へ通じる参詣道・熊野古道のひとつ。

伊勢路(いせじ)は、伊勢国・伊勢神宮から、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へ通じる参詣道であり、熊野古道のひとつである。『東海道中膝栗毛』にも登場する。


紀伊山地-高野山-伊勢神宮01.jpg 伊勢神宮

伊勢神宮(いせじんぐう)は三重県伊勢市にある神社。神社本庁の本宗(ほんそう)とされ、正式名称は神宮。ほかの神宮と区別する場合には伊勢の神宮と呼ぶ。神階が無く、また明治時代から戦前までの国家神道における近代社格制度で別格とされたため、格付けはされない。


高野山町石道(こうやさんちょういしみち)は、慈尊院(和歌山県伊都郡九度山町)から高野山(和歌山県伊都郡高野町)へ通じる高野山の表参道で、弘法大師空海が高野山を開山して以来の信仰の道とされてきた。 2004年7月に、高野山とともに『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界遺産に登録された。また、国指定の史跡でもある。登録名は「高野山町石」。


問題

地権者との対立
三重県尾鷲市で遺産登録地域の地権者が抗議の意を込めて参道の樹木などに落書きをしており問題になっている。一般的ないたずらの落書きとは違い抗議が目的であるために強硬な措置は取られず話し合いにより解決する方向である。これは、地権者に対する事前説明がなされずに遺産登録されたため、地権者の職業である林業ができなくなったためである。

観光地化による影響
遺産本体部分やその緩衝地帯、さらには(世界遺産には含まれないが)その周辺地域での損壊が絶えない。特に、参詣道跡である熊野古道周辺でそれが著しい。また、世界遺産登録後、観光客の殺到によって一部の遺産では荒廃が進んでいるとの指摘もある。

関西電力の風力発電計画
2005年1月、関西電力は果無山脈に風力発電のための風車を建設する計画を発表した。果無山脈は遺産にも緩衝地帯にもあたらないが、熊野古道から容易に眺望しうるため景観に悪影響を与える恐れがある。また、果無山脈それ自体が近隣の河川(熊野川、日置川、富田川、日高川)の分水嶺となっており、工事による河川への悪影響が懸念されている。

古道の「整備」
中辺路・大辺路を中心に2002年頃から数度にわたり、地元自治体の公共事業(古道の整備を目的とする)、古道とその周辺での植生の刈り払いが何度か行われたが、景観の悪化や、貴重な照葉樹林の損失など、むしろ弊害が大きく批判の対象となっている。加えて、いくつかの事例には和歌山県が関与している他、国の緊急地域雇用創出特別基金事業の下で行われた県の公共事業「緑の雇用事業」の一環であるものもあるなど、行政当局の遺産保護に対する姿勢や「縦割り」の弊害を問う声があがっている。



紀伊山地の霊場と参詣道 世界遺産の本 DVD


世界遺産・高野山を歩く





日本百景 熊野三山 世界遺産





 旅しよう!紀伊山地の霊場と参詣道

予約  


宿泊 & ツアー

交通、宿泊がセットになった、お得で便利なパックツアー。
人気の宿や滞在日数が自由に選べるので、好みや予算に合わせた旅がつくれます。
紀伊・熊野古道ツアーツアー

自由に選ぶ旅

宿泊・交通・予算を、自分で選んで こだわりの旅に出かけませんか?
近くの温泉や散策、ショッピング、食べ歩きなどの寄り道も思いのままにできます。

バリアフリーの旅

お年寄りや、お体の不自由な方、ペット連れでも安心して利用できる宿をご紹介します。
ご家族みんなで、気の合う仲間が集まって、思い出に残る旅をしませんか。