コンポラ

ロバート・フランク



ロバート・フランク コンポラ写真




ロバート・フランク




ロバート・フランク <写真家>




【  アジェ・フォトより文章記載の許可を得ています。「All Rights Reserved @ Atget Photography.com 」 】

1950年代、深い独創性をもつ写真家としてのロバート・フランクの登場は、急進的なニュー・カルチャーという現象を、芸術的な立ち位置で表現することに成功したというひとつの尺度となりました。


ロバート・フランク Robert Frank ロバート・フランクは1924年、スイスのチューリッヒに生まれました。
1947年に23歳でアメリカに移住、当初は商品撮影やファッション写真で生計を立てていましたが、その後ヨーロッパ各地を旅しながら写真を撮りました。

1955年、グッゲンハイム財団の奨学金を得て、アメリカ全土の撮影旅行に出ます。約2年間の旅で撮影した写真を編集したのが、写真集「The Americans」です。



ロバート・フランク Robert Frank 旅を始めた頃のフランクは、まだアメリカでは新参者といっていい存在でした。そして、当時のアメリカン・カルチャーのド派手な狂気と、一方では妙に心を動かされるという矛盾を体験し、それこそ口も利けないほどの驚きを感じていたかもしれません。こうしたショックは、大人になってからアメリカに移住してきた多くの人々が経験したものでしょう。

ほんの一握りのアーティストや知識人だけが、逆にこの経験をクリエイティブな世界での武器にすることができました。新しい国への移住が、まるで生まれ変わりを意味するように。


ロバート・フランク / キュレーターおすすめの写真集
The Americans

グッゲンハイム財団の奨学金を受けて1955年から56年にかけてアメリカ中を駆け巡り、持ち帰った写真の数々は、当時のアメリカを忠実に描写し、その後辿ることになる道を暗示している…。ロバート・フランクの代表作。


Looking in: Robert Frank's The Americans

上記の写真集「アメリカンズ」の刊行50周年を記念してワシントンのナショナル・ギャラリー・オブ・アート等で行われた写真展のカタログとして出版されました。貴重な画像が満載です。


Robert Frank: Moving Out Robert Frank: Moving Out

ワシントンD.C.にあるナショナル・ギャラリー・オブ・アートで開催された回顧展を記念して出版されました。145点のモノクロ写真、15点のカラー写真を収られています。


詳しくは以下のサイトで

アジェ・フォト Atget Photography.com
世界の写真家 - Robert Frank ロバート・フランク