コンポラ

ルイス・ハイン



ルイス・ハイン コンポラ写真




ルイス・ハイン




ルイス・ハイン
<写真家>




【  アジェ・フォトより文章記載の許可を得ています。「All Rights Reserved @ Atget Photography.com 」 】

ハインの写真の大半は、社会に対する単なる抗議ではなく、生命力にあふれ、熟練した技術やみごとな筋肉、粘り強さを持った労働者に対する賞賛に満ちていました。


ルイス・ハイン Lewis Hine 1874年にアメリカのウィスコンシンで生まれたルイス・ハインは、シカゴ大学で社会学を学びました。さらに、ニューヨーク大学とコロンビア大学で学業を続け、倫理文化の学校で教鞭をとりました。学生のなかには ポール・ストランド がいて、ハインが彼に写真を紹介したといわれています。

ハインが本格的に写真を始めたのは30歳を過ぎてからですが、もともとの才能や訓練によって、当時の社会状況を調査し、発表する手段として写真を活用するようになります。



ルイス・ハイン Lewis Hine 現在ではルイス・ハインは写真家としてよりも、おそらく社会的改革者として知られているかもしれませんが、ハイン自身、写真が何かを「証明する」とは考えていませんでした。
むしろ、もし写真に社会を改革する力があるとしたら、まずは写真を見た人々の心に影響を与えていこうと思ったのです。


ルイス・ハイン 写真集
ちいさな労働者―写真家ルイス・ハインの目がとらえた子どもたち ちいさな労働者―写真家ルイス・ハインの目がとらえた子どもたち

ラッセル・フリードマン著。1908年から1918年まで、ルイス・ハインはアメリカ中を旅して過酷な児童労働の実態を撮影しました。写真家ルイス・ハインの生涯や子どもの人権について日本語で読める唯一の本です。


Kids at Work: Lewis Hine and the Crusade Against Child Labor Kids at Work: Lewis Hine and the Crusade Against Child Labor

こちらは英語版のペーパーバックですが、価格が手頃なので入門書としておすすめです。


Lewis Hine

「Men at Work」などルイス・ハインの有名な代表作を収め、さらに初期の貴重な作品、家族を撮影した貴重な写真も見ることができます。


Lewis W. Hine: The Empire State Building Lewis W. Hine: The Empire State Building

当時世界で最も高いビルだったニューヨークのエンパイア・ステート・ビルの建設を取材したドキュメンタリーです。



詳しくは以下のサイトで

アジェ・フォト Atget Photography.com
世界の写真家 - Lewis Hine
ルイス・ハイン