コンポラ

リー・フリードランダー



コンポラ写真




リー・フリードランダー


リー・フリードランダー <写真家>




【  アジェ・フォトより文章記載の許可を得ています。「All Rights Reserved @ Atget Photography.com 」 】

彼が目指したのは、さまざまな感覚が無秩序に存在するトゲに満ちた茂みのなかから、今まで見たことのない新しいタイプのものを発見し、生み出すことです。


リー・フリードランダー Lee Friedlander リー・フリードランダーは1934年ワシントン州アバディーンに生まれました。
14歳で写真を始めた彼は、1950年代後半のニューヨークやニューオーリンズのジャズミュージシャンたちのアルバムジャケット用のポートレートを撮影。フリーのカメラマンとして、また、UCLAやミネソタ大学の教官として生計を立てました。

初期のフリードランダーはウジェーヌ・アジェ、ウォーカー・エヴァンス、ロバート・フランクの影響を受けたといわれています。

彼の作品の多くは、車の窓からの日常の光景であり、ガラスなどに映った影であり、目に映った光景の内面にひそむ光景です。自分の影を捉えた一連のセルフ・ポートレートシリーズも有名です。


リー・フリードランダー Lee Friedlander そもそも、写真は「役に立つ」という理由でもって一般的に受け入れられてきました。そういう意味では、芝刈り機とか風邪薬が人の役に立つというのと同じレベルです。そのこと自体、疑問をはさむ余地はないでしょう。

写真によって私たちは人や風景や過去の出来事を思い出やニュース写真、史料として残すことができますし、広告写真ならば商品の売り上げに貢献してくれます。

しかしながら、そのなかでも真に優れた写真に限ってはそういう類の「役立ち感」はありません。それらは芝刈り機とか風邪薬というよりは大道芸や哲学や数学に例えられるかもしれません。つまり人々の精神に栄養を与えるという点においてのみ、役に立ってくれるのです。


リー・フリードランダー 写真集
Friedlander Friedlander

フリードランダーの集大成ともいえる写真集です。テーマ別にまとめられた500点を超える写真に加え、ニューヨーク近代美術館写真部門のキュレーターを務めるピーター・ガラッシによるエッセイも収録。


Lee Friedlander: Self Portrait

1970年に発表されたセルフポートレートの作品集。「自画像」という固定概念に戦いを挑むかのように鏡などに映る自分を撮影し、自らの影を挿入しながら写真で「遊んで」いるかのように撮影し、結果としてこの不可思議なセルフポートレートはフリードランダーという人間を驚くほど完璧に再現しているのです。


America By Car

アメリカ文化の象徴的な存在、自動車とハイウェイ。フリードランダーは約10年にわたって全米50州をレンタカーで旅し、ダッシュボード越しの風景、ドアミラーやバックミラーが映りこむ独自の世界を構築しました。


Cherry Blossom Time in Japan: The Complete Works

フリードランダーが桜の季節の日本を訪れました。独特の視点でとらえた日本の美とは? こんな見方があったのか!と目から鱗が落ちるような、非常に興味深い傑作です。



詳しくは以下のサイトで

アジェ・フォト Atget Photography.com
世界の写真家 - Lee Friedlander リー・フリードランダー