コンポラ

ヘレン・レヴィット



コンポラ写真




ヘレン・レヴィット


ヘレン・レヴィット <写真家>




【  アジェ・フォトより文章記載の許可を得ています。「All Rights Reserved @ Atget Photography.com 」 】

ヘレン・レヴィットはしばしば「写真家の写真家」と呼ばれてきました。一般にはあまり有名ではありませんが、写真家仲間からはたいへん尊敬されているからです。


ヘレン・レヴィット Helen Levitt ヘレン・レヴィットはしばしば「写真家の写真家」と呼ばれてきました。一般にはあまり有名ではありませんが、写真家仲間からはたいへん尊敬されているからです。彼女は名声を得たいと願うタイプの女性ではありませんでしたし、自分自身のことを語ろうとしなかったため、その生涯はあまり知られていませんが、彼女の残した写真は注目に値するもので、多くの人にぜひ知ってほしい写真家のひとりです。

ヘレン・レヴィットは1913年にニューヨークのブルックリン(ベンソンハースト)で生まれました。ハイスクールを中退した彼女は、ブロンクスでコマーシャル・フォトの仕事に就きましたが、まもなく自分のスタイルで写真を撮り始めます。最初は社会的なメッセージを発するような主題を探していたといいます。

「当初わたしは、労働者階級の人たちの写真を撮って、彼らの活動に貢献しようと考えていました」 ヘレン・レヴィットはあるインタビューでこう述べています。「その活動が社会主義であろうが共産主義であろうが、とにかく自分がその活動の一端を担えると考えたのです。しかし、あるときアンリ・カルティエ=ブレッソンの写真に出会い、こう思いました、写真は思想ではなくアートだ、と。その思いに勇気を得て、わたしはストリートへ飛び出していったのです」


ヘレン・レヴィット Helen Levitt こうして1930年代から40年代にかけて、ヘレン・レヴィットはニューヨーク中の通りを歩き、とりわけスパニッシュ・ハーレムのストリートで多くの写真を撮影しました。
「あの当時は写真を撮るのにうってつけの場所が近所にたくさんありました。というのもテレビが普及する前のことで、みんな通りに出ていたからです。夏になると、老人たちが暑さを避けて表のポーチに座りながら涼む姿が見られたし……、30年代後半のストリートはとてもにぎやかだったのです」

こうして撮影された写真には、何かを主張したり社会的なテーマでドキュメンタリーを作るといった意図はありませんでした。彼女が貧しい人が多く住む地区で写真を撮ったのはそこに人々がいるからであり、豊かで興味深いストリート・ライフがそこにあったからです。


ヘレン・レヴィット 写真集
Helen Levitt

ドイツ、ハノーヴァーのシュプレンゲル美術館で開催された回顧展を記念して出版されました。ニューヨークやメキシコで撮影されたカラーを含む写真(未発表作を含む)が収録されています。


In the Street: Chalk Drawings and Messages, New York City, 1938-1948

1930〜40年代に撮影されたニューヨークの路地の子どもたちの落書き。チョークを手にした子どもたちを見るヘレン・レヴィットの眼差しが感じられる珠玉の一冊。


Slide Show: The Color Photographs of Helen Levitt

1959・60年にグッゲンハイム財団の助成金を得てニューヨークのストリートをカラーで撮影しましたが、盗難に遭いほとんど消失。再スタートの末ついに1973年MoMAで発表されました。レヴィットのカラー作品を味わえる一冊。


A Way of Seeing

最初に出版された記念すべき写真集です。ニューヨークのストリートで撮影した写真が収められ、友人でピューリッツァー賞受賞の作家ジェームズ・エイジーがエッセイを書いています。


詳しくは以下のサイトで

アジェ・フォト Atget Photography.com
世界の写真家 - Helen Levitt ヘレン・レヴィット