コンポラ

ドロシア・ラング



ドロシア・ラング コンポラ写真




ドロシア・ラング




ドロシア・ラング
<写真家>




【  アジェ・フォトより文章記載の許可を得ています。「All Rights Reserved @ Atget Photography.com 」 】

ドロシア・ラングは太陽をうまく扱うことのできる写真家でした。そしてまた、彼女は人間のジェスチャーを捉えることにも優れていました。


ドロシア・ラング Dorothea Lange 1895年、ニュージャージー州ホボケンに生まれたドロシア・ラングは、コロンビア大学で学んだのち、サンフランシスコで人物写真家として独立しました。
1929年に始まった大恐慌によって、家を失い、職を求めてさまよう人々の姿にショックを受けた彼女は、彼らの状況を広く知らしめるためにストリートに出て写真を撮ることを決意します。

1935年には、農業安定局(FSA)に入り、農村部の現状をレポートする仕事を始めました。あくまでも直接的な手法で出稼ぎ労働者とその家族の悲惨な貧困の様子を記録していったのです。



ドロシア・ラング Dorothea Lange 屋外で写真を撮影するには、快晴のときよりも曇りの日のほうが撮りやすいものです。というのも、曇っていて濃い影が出ないような状況では、目の前の物体は我々が思っているとおりの姿を見せています。
しかし、照りつける日光のもとでは、予期せぬ動きを見せる光と影のせいで本来の姿は覆い隠されたりゆがめられたりして、その姿は瞬間ごとに変化して見えるからです。


ドロシア・ラング 写真集
Dorothea Lange: The Crucial Years 1930-1946

1935年にスタートした農業安定局のFSAプロジェクト、第二次世界大戦時の日系アメリカ人への取材、カリフォルニアやアリゾナの農村のドキュメンタリーなど、未発表作を含む作品が収録されています。


Dorothea Lange: A Life Beyond Limits

写真家ドロシア・ラングの波乱に満ちた生涯を紹介した魅力的な伝記です。子ども時代の病気、障害、写真との出会いなど、興味深いエピソードがつづられています。



Daring to Look: Dorothea Lange's Photographs and Reports from the Field

1939年のフィールドワーク(カリフォルニア、太平洋岸北西部、ノースカロライナ)での未発表写真とキャプションから構成されています。不法移民キャンプ、貧しい農民、荒涼とした風景などの貴重な写真がラング自身のキャプションともに掲載されています。



詳しくは以下のサイトで

アジェ・フォト Atget Photography.com
世界の写真家 - Dorothea Lange
ドロシア・ラング