コンポラ

ブラッサイ



ブラッサイ コンポラ写真




ブラッサイ




ブラッサイ
<写真家>




【  アジェ・フォトより文章記載の許可を得ています。「All Rights Reserved @ Atget Photography.com 」 】

ブラッサイは後に自身で述べているように「雨や霧に濡れた路地や庭の美しさをとらえるため」、または「夜のパリを撮るため」にカメラを手に夜のパリを歩き回ることになったのです。


ブラッサイ Brassai ブラッサイ(本名ジュラ・ハラース Gyula Halsz)はハンガリー出身の写真家です。
ブラッサイという名前は、彼の出生地である「ブラッショー」という町に由来しています。ブラッショーはトランシルバニア地方にあり、当時はハンガリーの領土でしたが後にルーマニアの一地方となりルーマニア語での地名はブラショフです。ここはまた、ドラキュラ伯爵の舞台として有名です。
若いころブダペストにあるハンガリー芸術アカデミーで絵画と彫刻を学んだブラッサイは、第一次世界大戦での兵役を経て、1920年ベルリンに移り住みました。そこでハンガリー語新聞のジャーナリストとして働く一方でアートを勉強し、同じハンガリー出身のアーティストたちと知り合いました。 彼らは後にみなパリへと向かうことになったのです。

ブラッサイは1924年にパリにやって来ます。モンパルナスに集まる若いアーティストたちと付き合いながら、生活のためジャーナリストの職を得て、アメリカ人作家ヘンリー・ミラーや多くのフランス人作家と出会いました。



ブラッサイ Brassai それまでの彼は写真にまったく興味がありませんでしたが、自身の記事に添えるための写真を撮り始めました。そして知り合いだったハンガリー出身の写真家 アンドレ・ケルテス に撮影術を伝授してもらったことから、彼の人生は大きく転換することになります。新聞記事のための写真から、後に自身で述べているように「雨や霧に濡れた路地や庭の美しさをとらえるため」、または「夜のパリを撮るため」にカメラを手に夜のパリを歩き回ることになったのです。彼が本名のジュラ・ハラースではなく、出身地にちなんで「ブラッサイ」と名乗るようになったのもこの頃からです。


ブラッサイ 写真集
Brassai: Paris by Night Brassai: Paris by Night

1932年に出版された記念すべき写真集。1930年代初期の夜のパリを歩き回り、この街で夜ごと繰り広げられるドラマチックな表情を印象的な写真におさめました。


Brassai: The Eye of Paris Brassai: The Eye of Paris

テキサス州ヒューストン美術館での展覧会のカタログであり、伝記としても非常に価値のある一冊です。ブラッサイという人物を5つの分野(写真、映像、彫刻、執筆、そしてスケッチ)から論じています。


Brassai Paris: 1899-1984 (Taschen 25th Anniversary Special Editins)

ドイツの美術出版社タッシェンが創立25周年を記念して出版。厳選された代表作の数々と、彼の生涯や作品に関する詳細な記述でブラッサイの世界を鮮やかに紹介しています。



詳しくは以下のサイトで

アジェ・フォト Atget Photography.com
世界の写真家 - Brassai
ブラッサイ