コンポラ

J.D.サリンジャー



J.D.サリンジャー




J.D.サリンジャー 小説家


J.D.サリンジャー <小説家>



【 コンポラ 「アート資料館」 では、旅をテーマに、旅するアーティストの作品、インタビューをご紹介しています。 】
今回は『ライ麦畑でつかまえて』で一躍人気作家になりながらも、その後隠遁生活を送った伝説の作家、J.D.サリンジャーです。


J.D.サリンジャー 小説家 ジェローム・デイヴィッド・サリンジャー(Jerome David Salinger、1919年1月1日 - 2010年1月27日)は、アメリカ合衆国の小説家。ニューヨーク市マンハッタン生まれ。小説『ライ麦畑でつかまえて』で知られている。父はポーランド系ユダヤ人、母はスコットランド=アイルランド系だがユダヤ教に改宗した。

ジェロームは、シーモア、ゾーイー他7人兄弟と両親からなるグラース家にまつわる物語の連作を書き続けると発言していたが、1965年に『ハプワース16、1924年』を発表して以降は完全に沈黙し、晩年はアメリカ、ニューハンプシャー州に隠遁して40年以上作品を発表することはなかった。生涯に発表した作品の多くもグラース家やホールデン・コールフィールドにまつわるものが多い。

自らの原作(『コネティカットのひょこひょこおじさん』)に基づくハリウッド映画『愚かなり我が心』(1949年)の出来映えに失望した事から映画嫌いになった。そのため、『ライ麦畑でつかまえて』の映像化を許さなかった。村上春樹が『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の訳者解説を付けることも許可しなかったなど、さまざまな謎・伝説に包まれた人物である。

『フラニーとゾーイー』頃から作品の中には東洋思想、禅の影響が色濃く、またジェローム自身もヨーガやホメオパシーに傾倒するなど全体的に神秘主義的傾向が強まった。そのため後期の作品では読者層が絞られていく一方、おりしもベトナム戦争などの時局も相俟ってヒッピーなどカウンターカルチャー寄りの人々の支持も少なからず集めるに至った。



J.D.サリンジャー 小説家 生涯

幼少期から作家になるまで
1919年1月1日、ジェロームはニューヨークで生まれる。父はポーランド系ユダヤ人の実業家・ソロモン、母はスコットランド=アイルランド系のカトリック教徒の娘・マリー(彼女は結婚後夫と同じユダヤ教に改宗、名もユダヤ風にミリアムと改めている)。また8歳上の姉・ドリスがいる。父は食肉やチーズを販売する貿易会社の経営をしており、一家は裕福だったといわれる。

1932年にマークバーニ校(ボーディングスクール)に入学。この頃は演劇に関心を持っており、入学面接では「(興味があるのは)演劇と熱帯魚」と答えている。しかし学業不振を理由に1年で退学処分となってしまう。その後ペンシルベニア州のヴァリー・フォージ・ミリタリー・アカデミーに入学し卒業まで過ごす(この学校は「ろくでもない子供を叩き直す」という厳しい教育方針だった。また田舎の保守的な学校でありユダヤ人に対する差別意識があったようだが卒業まで無事過ごす)。



J.D.サリンジャー 小説家 卒業後、家業を継ぐため親戚のいるヨーロッパに渡る。帰国後は様々な大学を転々とするが、1939年にコロンビア大学の聴講生となり、ホイット・バーネット(トルーマン・カポーティやジョゼフ・ヘラー、ノーマン・メイラーなど数々の新人作家の作品を自らが創刊した文芸誌『ストーリー』で最初に掲載し世に紹介したことで知られる)の創作講座に参加する。バーネットの授業に参加したことはジェロームに大きな影響を与えたようであり、ジェロームの処女作『若者たち』(The Young Folks)が初めて掲載された雑誌は『ストーリー』(1940年3、4月号)である。後日ジェロームは、わずか25ドルではあったが生まれて初めての原稿料を受け取った。また、これがきっかけでジェロームの小説は他の文芸紙にも掲載されるようになる。

1941年に『マディソン街のはずれの小さな反抗』(Slight Rebelion off Madison が『ザ・ニューヨーカー』に掲載が決まる。12月中に掲載される予定となったが太平洋戦争の開戦による影響で作品の掲載は無期延期となってしまう(結局5年後の1946年に掲載される)。ちなみにこの短編は、ジェロームの分身とでもいうべきホールデン・コールフィールドが初めて登場した作品である。



J.D.サリンジャー 小説家 軍歴
1942年、ジェロームは太平洋戦争の勃発を機に自ら志願してアメリカ軍に入隊する。2年間の駐屯地での訓練を経て1944年3月にイギリスに派遣され6月にノルマンディー上陸作戦に一兵士として参加し激戦地の一つユタ・ビーチに上陸する。フランスではジェロームは情報部隊に所属する。8月、パリの解放後新聞特派員としてパリを訪れたヘミングウェイを訪問する。『最後の休暇の最後の日』(The Last Day of the Furlough)を読んだヘミングウェイはジェロームの才能を認めて賞賛したという。しかしジェロームはヘミングウェイのタフな精神とは相容れなかったようである(『ライ麦畑でつかまえて』のホールデンの台詞を参照)。しかしドイツとの激しい戦闘によってサリンジャーも精神的に追い込まれていき、ドイツ降伏後は神経衰弱と診断され、ニュルンベルクの陸軍総合病院に入院する。入院中にドイツ人女性医師シルヴィア・ヴェルターと知り合い、結婚する。結婚後の1945年11月に軍を除隊になる。



J.D.サリンジャー 小説家 『ライ麦畑でつかまえて』
12月に『ライ麦畑でつかまえて』の原型となる作品『僕は狂ってる』(I'm Crazy)が雑誌『コリアーズ』に掲載される。1946年、シルヴィアとの結婚生活は終わりを迎えジェロームの生活も大きく変化した。ヤッピーのような生活を送り、またニューヨークのボヘミアンとも多く交流を持つようになる。

1949年頃、コネチカット州ウェストポートに家を借りジェロームは執筆生活に専念するようになる。この頃から『ライ麦畑でつかまえて』の執筆を開始した。1950年1月、『コネチカットのひょこひょこおじさん』(Uncle Wiggily in Conecticut ナイン・ストーリーズ収録作品)を元に作られた映画愚かなり我が心(My Foolish Heart)をハリウッドのサミュエル・ゴールドウィンが全米公開するが映画の評判は芳しくなく、ジェロームもこの映画を見て激怒する(それ以来ジェロームは自分の作品の映画化を許可することはなかった)。1950年秋、遂に『ライ麦畑でつかまえて』が完成する。当初ハーコードプレス社から作品は出版される予定だったが、「狂人を主人公にした作品は出版しない」と出版を拒否。結局作品はリトル・ブラウン社から出版されることに決まる。『ライ麦畑でつかまえて』は大きな反響(詳しくはライ麦畑でつかまえてを参照)を呼んだ。文壇からは賛否両論があり、また保守層やピューリタン的な道徳的思想を持った人からは激しいバッシングを受けた。しかしホールデンと同世代の若者からは圧倒的な人気を誇り、2007年までに全世界で6000万部以上の売り上げを記録。現在でも毎年50万部が売れているという。

しかし、『ライ麦畑でつかまえて』の成功によって、ジェロームがニューヨークで静かな生活を送ることは次第に難しくなっていった。結果、ジェロームはニューハンプシャー州はコネチカット河のほとり、コーニッシュの土地を購入する。イノセンスに憧れを抱くようになったジェロームはそこで原始的な生活を送り(家にはライフラインがなかったらしい)、地元の高校生達と親しくなり、交流を深めることになる。しかし、その関係も長くは続かず、ジェロームと親しくしていた少女の一人が高校生向け記事を書くことを条件にしたインタビューの内容をスクープとして地元の新聞に載せてしまう。このことに激怒したジェロームは、社会から孤立した生活を送るようになり、高校生達との縁を切ってしまう。



J.D.サリンジャー 小説家 その後
1955年にラドクリフ大学に在学中のクレア・ダグラスと結婚。一男一女を授かるも、1967年に離婚する。孤立した生活を送るようになったジェロームは、次第に発表する作品数を減らしていく。1953年に短編集『ナイン・ストーリーズ』を、1961年には『フラニーとゾーイー』を、1965年に『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』を発表するが、1965年に『ハプワース16、1924年』を発表したのを最後に一冊の新刊も発表することはなかった。

1972年、当時18歳だったジョイス・メイナードと短期間同棲。1990年頃からは約50歳年下の看護師と結婚生活を送っていたという。

晩年のジェロームは滅多に人前に出ることもなく、2メートルの塀で屋敷の回りを囲ませその中で生活をしていた。ジェロームは一度小説を書き始めると何時間も仕事に没頭し続けており、何冊もの作品を書き上げている、など様々な噂がなされた。

沈黙を守り続けていたジェロームであったが、『ライ麦畑でつかまえて』の続編であるという『60 Years Later: Coming Through the Rye』がスウェーデンの出版社Nicotextから出版されると知り、その著者であるJ・D・カリフォルニアなる人物とNicotextとを相手取り、2009年6月1日に著作権侵害で提訴した。ジェロームは訴状において「続編はパロディではないし、原作に論評を加えたり、批評したりするものでもない。ただ不当な作品にすぎない」として、出版の差し止めを求めた。

2010年1月27日、ニューハンプシャー州コーニッシュにある自宅にて老衰のため死去。

長男のマット・サリンジャーは俳優になっている。



評価

サリンジャーは無垢なもの(イノセンス)に対する憧れが強い人であると言われる。サリンジャーの主人公達の多くは10代後半から20代の微妙な世代であり、例えば代表作『ライ麦畑でつかまえて』の主人公ホールデンは、大人社会に適応しようとする反面、子供時代にはなかった「インチキ」や「エゴ」に戸惑い、うまく自己を確立することができない。サリンジャーはその戸惑いを巧みに描くことのできる作家であると評価されている。また、『フラニーとゾーイー』では、妹フラニーの宗教(イエスなど)に対する曖昧な解釈から、神経衰弱に陥ってしまう。また、世の中の偽りにも見える慈善や慈愛、人の見栄に対する嫌悪に陥るが、それを否定することもエゴなのだということを兄ゾーイによって悟される。人間は『曖昧な解釈』によって『本質』を見失い、それによって偏った知識で言わば『頭でっかち』になりやすい。そんな誰しもが持っている偏見やこうであって欲しいという願望を崩されたとき、人間は嫌悪感を覚え、自らの扉を閉ざす。そんな人間の弱さや繊細さを描いた作品である。

J.D.サリンジャー 小説家
作品

The Catcher in the Rye, 1951
・ 『危険な年齢』 (初訳は橋本福夫訳、ダヴィッド社、1952年)
・ 『ライ麦畑でつかまえて』 (野崎孝訳 白水社、のち白水Uブックス)
・ 『キャッチャー・イン・ザ・ライ』 (村上春樹訳 白水社 2003年、新書版、2006年)

Nine Stories, 1953
・ 『ナイン・ストーリーズ』(野崎孝訳 新潮文庫、『九つの物語』中川敏訳、集英社文庫、新版2007年)
・ 2008年に柴田元幸訳がヴィレッジブックスで刊行された。
・ 季刊雑誌『モンキービジネス』vol.3と、vol3.5(解説号)[サリンジャー号 ナイン・ストーリーズ (2008Fall)]

Franny and Zooey, 1961
・ 『フラニーとゾーイー』(野崎孝訳、新潮文庫、改版1991年)

Raise High the Roof Beam, Carpenters, and Seymour: An Introduction Stories , 1963
・ 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ シーモア-序章-』(野崎孝・井上謙治訳、河出書房新社、のち新潮文庫、改版2004年)

Hapworth 16, 1924, 1965 今日まで公表されている最後の作品
・ 『ハプワース16、一九二四』
「ニューヨーカー誌」に掲載された中編小説。
アメリカでは今日まで単行本化されていない。数年前には実現しかけたが、事前に書評家 ミチコ・カクタニによる酷評が雑誌に掲載され、これにショックを受けたサリンジャー自らが企画を取り下げたと言われている。
同書の日本語訳は入手可能で、サリンジャー選集〈別巻〉にある。(原田敬一訳、荒地出版社、1978年、新版1993年)