コンポラ

小津安二郎



小津安二郎




小津安二郎 映画監督


小津安二郎 <映画監督>



【 コンポラ 「アート日和」 では、旅をテーマに、旅するアーティストの作品、インタビューをご紹介しています。 】
今回は日本が誇る世界的映画監督・小津安二郎を取り上げます。


小津安二郎(おづやすじろう) 映画 映画監督
小津安二郎(おづやすじろう、1903年12月12日 - 1963年12月12日)は日本の映画監督。

プロフィール
【生い立ち】
1903年(明治36年)、東京深川の下町に次男として生まれる。豪商湯浅屋の番頭だった父虎之助と母あさゑの下で育てられる。9歳のときに父の郷里である三重県の松阪へ転居。その後旧制・三重県立宇治山田中等学校(現・三重県立宇治山田高等学校)に入学。映画館通いに熱中して学校の授業をサボタージュしたため、不良学生として寄宿舎から追放。



小津安二郎(おづやすじろう) 映画 映画監督 【代用教員】
1921年(大正10年)神戸高等商業学校(現在の神戸大学)を受験して失敗。1922年(大正11年)、三重師範学校(現三重大学教育学部)受験も失敗して、現在の松阪市飯高町にある山村の宮前尋常小学校に1年間の代用教員として赴任。いつも羽織と袴、そして、げたばきと他の教師とは違った異彩を放った風貌で、児童たちに映画の話をしたりマンドリンを弾いて慕われる。現在でも彼の教え子達は健在であり監督以前の小津を語れる重要な人物としてよくインタビューを受けている。



小津安二郎(おづやすじろう) 映画 映画監督 【映画人生】
1923年(大正12年)3月に東京へ。親類のつてで松竹蒲田撮影所に入社。大久保忠素に師事する。1927年(昭和2年)『懺悔の刃』で初監督。

戦前は、『大学は出たけれど』、『生まれてはみたけれど』などユーモア溢れる作風の監督として知られる。 戦争中は軍部報道映画班としてシンガポールへ赴任。ここで、接収された大量のハリウッド映画を観て過ごす。

戦後は『長屋紳士録』で復帰。以降は『晩春』『麦秋』『東京物語』などの名作を立て続けに発表し、日本映画界の重鎮となる。この時期の作品は、ほとんど前衛的とすら言える一貫した独自のスタイルに貫かれ、近づきがたい印象さえ一部の人間に与えているが、一般には松竹映画を代表する「ユーモアとペーソスの映画監督」として知られた。この時期の多くの作品は野田高悟との共同脚本であり、原節子や笠智衆などをメインキャストとしている。



小津安二郎(おづやすじろう) 映画 映画監督 作品
【ローアングル】
地面ぎりぎりから撮影する独得の低いカメラアングルと厳格なまでの正面からの切り返しのフィックスショットを特徴とし、ローアングルの映画監督としても知られている。このローアングルで撮った「ちゃぶ台を囲む家族たち」のシーン、あるいは「婚期を逃しかけている娘を心配する父親」「父を思いやる娘」等、日本のテレビにおける「ホームドラマ」の型を完成させた監督でもある。 なお、小津安二郎の「切り返しショット」は通常の映画の「文法」に沿っていないと指摘されており、独特の時間感覚とともに作品に違和感を生じさせる一因ともなっている。

自らは家庭を持たぬ小津が、女優に家人の役を配役したり、家族の姿を語らせるなど今だ実像に迫りきっていない部分も多い。



小津安二郎(おづやすじろう) 映画 映画監督 【周囲】
後輩の篠田正浩が「物がなくなっていく映画」とユニークに評している。また評論家の川本三郎によると彼は白樺派及び永井荷風の影響を受けたと評されている。

死後、製作されたドキュメンタリー、『生きてはみたけれど 伝』は、彼と共に松竹を支えた木下恵介、追い出されるようにして独立した新藤兼人、疑問を抱いて道を分けた今村昌平という3人の貴重な回想を、やはり「蛮さん」のニックネームで小津に可愛がられた井上和男が監督している。



小津安二郎(おづやすじろう) 映画 映画監督 評価
戦後の『晩春』以降の作品は国内でも評価が高くヒットしたが、死後は「古臭いホームドラマ映画監督」として忘れ去られようとしていた。これには、松竹ヌーベルバーグを担った大島渚や篠田正浩や吉田喜重など当時の新進監督たちによる古参監督たちへの反発も関与している。死後、しばらくしてからフランスを中心に国際的評価が高まり、その独特の映画スタイルが斬新なものとされ、著名な映画人たちが小津映画への敬愛を口にするようになった。日本では蓮実重彦らが精力的に執筆して、の再評価に努めた。

2003年は小津の生誕100周年にあたるため、記念プロジェクトが立ち上がり、各地で上映会等の記念イベントが催された。



小津安二郎(おづやすじろう) 映画 映画監督 国際的な支持
映画監督以上に映像芸術家として国際的に知られる日本人。溝口健二、黒澤明と並んで小津も評価が高く、作品『東京物語』はヨーロッパで人気が高い。

敬愛しあるいは影響を明言している作家は世界的にひろがる。その国の映画制作の巨匠も多い。

ヴィクトル・エリセ(スペイン)
ペドロ・コスタ
マノエル・デ・オリヴェイラ(以上ポルトガル)
ヴィム・ヴェンダース
ペーター・ハントケ(以上ドイツ)
ストローブ=ユイレ
ジャン=リュック・ゴダール
フランソワ・トリュフォー(以上フランス)
アキ・カウリスマキ(フィンランド)
フランシス・コッポラ
ヴィンセント・ギャロ
ジム・ジャームッシュ
ポール・シュレーダー(以上アメリカ)
アン・リー
ホウ・シャオシェン
エドワード・ヤン(以上台湾)
メイベル・チャン
スタンリー・クワン(以上香港)
ホ・ジノ(韓国)
アッバス・キアロスタミ(イラン)

作品
監督作品は全54作。代表作に、『東京物語』『大学は出たけれど』『生れてはみたけれど』『晩春』『麦秋』『浮草物語』『東京暮色』『秋日和』『小早川家の秋』『浮草』『秋刀魚の味』『東京の合唱』がある。








彼岸花・予告編(1958)





秋刀魚の味・予告編(1962)





OZU Yasujiro Story / 小津安二郎物語 #1