コンポラ

宮沢賢治



宮沢賢治




宮沢賢治 詩人、童話作家


宮沢賢治 <詩人、童話作家>



【 コンポラ 「アート資料館」 では、旅をテーマに、旅するアーティストの作品、インタビューをご紹介しています。 】
今回は詩や童話、教育、農業、科学と多彩な活動を繰り広げた宮沢賢治です。



宮沢賢治(みやざわけんじ、1896年(明治29年)8月27日(戸籍上は8月1日)- 1933年(昭和8年)9月21日)は、日本の詩人、童話作家。
郷土岩手の地を深く愛し、作品中に登場する架空の理想郷に、岩手県をモチーフとしてイーハトヴ(Ihatov、イーハトーブあるいはイーハトーヴォ(Ihatovo)等とも)と名づけた。
その空前・独特の魅力にあふれた作品群によって、没後世評が急速に高まり国民的作家とされていった。


宮沢賢治 生涯

誕生
宮沢賢治は1896年(明治29年)8月27日、岩手県稗貫郡里川口村(現・花巻市)で生まれた。
弟に清六(1904年 - 2001年)、妹にトシ(1898年 -1922年)、シゲ(1901年-1987年)、クニ(1907年 - 1981年)がいる。

賢治の生まれた明治29年という年は、東北地方にさまざまの天災の多い年であった。

賢治の生後5日目の8月31日、秋田県東部を震源とする「陸羽地震」が発生。
また、この年の6月15日に「三陸地震津波」が襲来し、約2万2000人の死者を出した。さらに7月と8月には大風雨が続き、北上川は5メートルも増水したため、家屋、田畑の損害も甚大であった。そして夏になっても寒冷の日が続き、稲は実らず赤痢や伝染病が流行した。

賢治を産んだとき母は20歳であったが、産後5日目の朝、大地震が起こった。母は嬰児籠(えじこ=乳幼児を入れる籠)の赤子の上に身を伏せて念仏を唱えていたが、やがて姑のきんが真っ青になり、息も絶え絶えに駆けつけたのでやっと人心地がついたのだという。

そのようにして初孫として生まれた賢治は大切に育てられたが、7歳で赤痢を病み、介抱していた父もそれに感染して生涯胃腸が弱くなってしまった。

浄土真宗門徒である父は若いときから仏典を好み、同志とともに中央から各宗の碩学・名僧といわれた人たちを呼んで仏教講習会を開いた。 また、当時の宮沢家の古着・質商という陰気な、そして困窮者相手の家業が賢治に与えた影響も少なくなかった。

以上のような環境や条件が、前からその傾向のあった賢治に人の世の無常をきわめて自然に染み込ませたのだと思う。まったく、幼い頃から私の見た兄は、特に中学生のころと晩年のころは表面陽気に見えながらも、実は何とも言えないほど哀しいものを内に持っていたと思うのである。

父がときどき「賢治には前世に永い間、諸国をたった一人で巡礼して歩いた宿習があって、小さいときから大人になるまでどうしてもその癖がとれなかったものだ」としみじみ話したものだが、たしかにそのように見えるところがあった。

兄は家族たちといっしょに食事をするときでさえ、何となく恥ずかしそうに、また恐縮したような恰好で、物を噛むにもなるべく音をたてないようにした。また、前かがみにうつむいて歩く恰好や、人より派手な服装をしようとしなかったことなど、それも子どものときからというよりは、前世から持って生まれた旅僧というようなところがあったと思うのである。



幼少時代
1903年(明治36年)、花巻川口尋常高等小学校に入学。エクトール・アンリ・マロの『家なき子』などの童話を好み、石や昆虫を採集し、綴り方に長じていた。鉱物採集に熱中し、家族から「石コ賢さん」と呼ばれる。

私共は兄の集めた矢の根石や、勾玉の形につくった細工ものなどの大切な宝物を、瀬戸物の甕に入れて土の中に埋めて遊んだり、昆虫の死骸を丁重に土に埋葬して墓を建てたりもした。また、小学生の私たちにいろいろの童話をいつもよんで聞かせたり、幻燈や活動写真も大好きで、いっしょにつれていってくれる兄であった。


宮沢賢治
中学生時代
明治42年(1909年)、県立盛岡中学校(現盛岡第一高等学校)に合格し、父に連れられて寄宿舎自彊寮に入った。寄宿舎での同室の人たちの話では、入学当時は礼儀も正しく、熱心にランプを掃除したり、山登りをして好物や植物を採集したりする極めておとなしい生徒であったと言われている。

中学2年生。6月、博物教師に引率されて岩手山に初めて登る。そのとき岩手山に魅せられ、後年たびたび登山するようになる。

2年生の3学期には、先輩の石川啄木の歌集『一握の砂』が出版され、啄木が世話になった金田一京助博士の令弟他人氏が同級生であったことからも、その歌集の影響を強く受け、そのために賢治の短歌は3行、4行、5行に書くような新しい型のものも試みられ始めたと考えられる。

中学4年生の5月、仙台方面へ修学旅行。初めて海を見る(16歳)。

4年生になると登山して学校を休んだり、寄宿舎の友達といっしょにいたずらをして教師を怒らせたりした。たまたま5年生の舎生たちが舎監の排斥運動をはじめ、4年生もこれに加入した。賢治もこれに加わったので舎を追放され操行点は落第点となった。そのために激しく父に叱責されて、何も言わずに頭を下げていたのを私は傍で見ていて、何ともいえないほど気の毒であったことも思い出される。

寄宿舎を追放された賢治は盛岡の北山の清養院や徳玄寺に下宿し、報恩寺で尾崎文英について参禅した、また夏には浄土真宗の願教寺で島地大等の仏教講話を聞き、傍らツルゲーネフやトルストイなどのロシア文学を耽読して、その心境によほど変化をきたしたとみえて、頭を青々と剃って登校したりもした。そして進学の望みもなく、中以下の成績で中学を卒業した。


卒業と同時に岩手病院で肥厚性鼻炎の手術をしたが原因不明の熱がつづき、発疹チフスの疑いで2か月の間入院した。その間に父と口論した短歌や、一人の同年の看護婦に密かに恋心を抱き、短歌をつくっている。そして後年、その初恋を文語詩に書き改めたものも残っている。

ようやく病気も治って帰宅、店の番をしたり養蚕の桑つみを手伝ったりしたが、すぐれない顔で悲しい歌ばかりつくっている賢治を見て、両親とも商売はとても性に合わないと考え、盛岡高等農林学校に進学させる決心をした。

この時期、島地大等編「漢和対照妙法蓮華経」を読み、感銘。驚喜して身体がふるえて止まらなかったと言う。後年この感激をノートに「太陽昇る」とも書いている。以後賢治はこの経典を常に座右に置いて大切にし、生涯この経典から離れることはなかった。



宮沢賢治 宮沢賢治


農林学校時代
1915年(大正4年)、19歳になった賢治は盛岡高等農林学校農学部第二部(現岩手大学農学部)に首席で入学。特待生に選ばれ授業料免除となっている。農林学校には後に火山灰地帯の農業など、貴重な研究を残された関豊太郎博士がいて、賢治はこの先生から地質や土壌について教えを受けた。

後に宗教上の大切な道づれとなり、兄の歌集を編むことになった妹トシがこの年に日本女子大学に入学した。このころは兄も父を口論などはせず、家中がまことに明るく和やかで、夏休みには小学生のわたしたちもいっしょに、姉から教えられた讃美歌などを合唱したりもした。


農林学校3年生のときに弟の清六が盛岡中学校に入学。そのために賢治は寄宿舎を出て、玉井郷方という下の橋のそばの下宿に弟らとともに移った。

休日には私どもを連れて山に行ったり、水泳ぎにも行ったし、ときどき近所の教会にも行ったものだ。下宿のそばにはすぐ岩手公園の石垣があって、中津川には透きとおった水が流れ、川の中にはたくさんの金魚藻があってそれに一面白い花が咲いていたし、夕方の岩手公園には真っ青な樹がアークライトに照らされていた。そんなところを時々兄と一緒に散歩したことなども、朝早くちゃぐちゃぐ馬コを見に出たりしたことも、走馬灯のように思い出される。
また、あるときは屋根の上で星座をながめて、いつまでも下りてこなかったし、あるときは音楽会や映画を見にも行ったのであった。


宮沢賢治 大正6年(1917年)7月、小菅健吉、保阪嘉内、河本義行と同人誌『アザリア』を創刊(21歳)。短歌「みふゆのひのき」、短編「『旅人のはなし』から」などを発表。

大正7年に22歳で農林学校本科を卒業。つづいて地質や土壌を研究するために研究生として学校に残り、4月から関博士の指導で、稗貫郡の土性調査を始めた。

7月末、肋膜炎となり一か月静養する。このとき河本義行に「自分の命もあと15年はあるまい」と述べたとされる。童話の制作を始める。『アザリア』に短編「峯や谷は」を発表。

この夏に、私は兄から「蜘蛛となめくじと狸」と「双子の星」を読んで聞かせられたことをその口調まではっきりおぼえている。処女作の童話を、まっさきに私ども家族に読んできかせた得意さは察するに余りあるもので、赤黒く日焼けした顔を輝かし、目をきらきらさせながら、これからの人生にどんな素晴らしいことが待っているかを予期していたような当時の兄が見えるようである。



大正7年末、日本女子大学に通っていた妹トシが東京で肺炎になり、賢治は母といっしょに上京。この滞京中に友人宅で萩原朔太郎の詩集『月に吠える』に出会い感銘を受ける。また、東京での人造宝石の製造販売事業を計画するが、父の反対にあう。トシが翌年2月に小康を得たため、賢治は岩手に戻る。


宮沢賢治 家出
帰宅後の2年間は、いやいやながら家事に従事していたが、菜食を大正7年以来つづけて、あるときは寒行をしながら、法華経の道を強く実行しようとしていた。

11月、国柱会信行部に入会。父にも改宗をせまる。家中を法華経に帰依せしめて、正しい宗教に改めたいという理由から、大正10年1月、突然旅費だけを持って、東京に家出した。

本郷菊坂町の稲垣方に下宿。文信社の校正、筆耕の仕事に就きながら街頭布教や奉仕活動をする。



その間に爆発するような勢いで童話を書いた。そのときのことを、小学校の恩師、八木英三につぎのように話したそうである。

「人間の力には限りがあります。仕事をするのには時間がいります。どうせ間もなく死ぬのだから、早く書きたいものを書いてしまおうと、わたしは思いました。1ヶ月の間に、三千枚書きました。そしたら、おしまいのころになると、原稿のなかから一字一字とび出して来て、わたしにおじぎするのです。……」



宮沢賢治


父が心配してときどき小切手で送金したが、「謹しみて抹したてまつる。賢治」などと書かれた手紙とともに返ってきてしまうので、心配しながらも苦笑いをしていたという。4月、父が上京し、いっしょに関西旅行をする。比叡山や伊勢、奈良などを回る。

その前年から姉のトシが花巻高等女学校の教諭となっていたが、9月にまた肺を病み、電報を見た賢治は驚いて帰宅した。


宮沢賢治 農林学校教諭時代
大正10年12月、稗貫郡立稗貫農学校(のちの県立花巻農学校、現花巻農業高等学校)教諭に就任。

『愛国婦人』に童話「雪渡り」を発表。稿料5円を得る。「竜と詩人」「かしはばやしの夜」「鹿踊りのはじまり」「どんぐりと山猫」「月夜のでんしんばしら」「注文の多い料理店」「狼森と笊森、盗森」など多くの童話を創作。

大正11年、心象スケッチ「屈折率」「くらかけの雪」を書き、『春と修羅』制作開始。

そのころ女学校の音楽教師、藤原嘉藤治と肝胆照らし合う仲となって、音楽の話を聞いたり、いっしょにレコードで交響曲を聞いたりして、ベートーベンやチャイコフスキーやショパンなどの作品に憑かれたようになった。


大正10年ころは外国から、やっとレコードが入り始めたころで、新譜が入荷するたびに注文して、まるで渇いていたものが水をのむように、何回も何回も同じ曲を繰り返して聞き、しまいには蓄音機のラッパに頭を突っ込んで恍惚となっているという具合であった。

当時、ポリドール会社では割合に沢山の新譜が花巻という田舎町の楽器店で売れるのでこの店に感謝状を贈り、尚調べてみるとそれは主として一人の風変わりな農学校の教師だけが買っているということになるので、会社でも唖然としたものであったとその楽器店の老主人が最近話していた。実はこんなことが出来たというのは、こっそり借金もしたということであるが、片っぱしから一、二度聞いただけでもう沢山だというようなレコードは仙台あたりに売り払ったり知人に贈ったりしていたから出来たのである。


11月27日、妹トシ死去(享年24歳)。「永訣の朝」「松の針」「無声慟哭」を書く。

翌年の大正12年の正月に、私が東京に出ていたとき、兄がぎっしり童話原稿を入れたトランクを持って来て、「この原稿を東京社の婦人画報にでも載せてもらってくれ」といって帰って行った。原稿を東京社において来てから何日か過ぎて行って見ると「これは私の方の雑誌には向きませんので」といって返されたのであったが、今思えば何の伝手もなく、いきなり私のような中学校を出たばかりのものに、山のような原稿を持ち込ませたところで、とても真面目に読んでくれる筈もないと思われるのである。全く変わったところのある兄であった。


4月、心象スケッチ『春と修羅』(関根書店)を自費出版。5月、生徒と北海道修学旅行。
12月、イーハトーヴ童話『注文の多い料理店』を刊行。

宮沢賢治
羅須地人協会
大正15年、昭和元年(1926年)3月、花巻農学校を依願退職。4月1日より花巻町下根子桜で独居生活を開始。農学校を辞めた理由については、「生徒には農村に帰って立派な農民になれと教えていながら、自分は安閑として月給を取っているのは心苦しいことだ。自分も口だけでなく農民といっしょに土を掘ろう」ということであろう。

5月、開墾や音楽の練習、レコードコンサートを始める。この頃より町内や近郊に肥料設計事務所を設け、肥料相談や設計を始める。
8月、土曜日に近所の子供に童話を読み聞かせる。妹クニらと八戸旅行。羅須地人協会を設立し、11月頃から定期的に集会をもつ。


私がいまも目に見えるようなのは、8月になると空の模様ばかり気にしていて、「困ったなあ。日が出ないかなあ。暑くならないかなあ」といっていた兄の顔である。8月の開花期に、寒かったり雨ばかり続けば、必ず不作となるので、後に手帳に書いた「サムサノ夏ハオロオロアルキ」という言葉そのままのように兄は見えたのであった。


12月、チェロを持って上京。上野図書館やタイピスト学校で勉強。オルガン、チェロの練習、エスペラントを学習。

1928年(昭和3年)、6月、農業指導のため伊豆大島の伊藤七雄を訪問。この旅行を題材にした詩群『三原三部』『東京』を制作。夏、農業指導の過労から病臥し、秋に急性肺炎を発症。以後約2年間はほぼ実家での療養生活となる。


東北砕石工場
昭和4年の春、石灰岩を粉砕して肥料をつくる東北砕石工場の社長・鈴木東蔵が病床の賢治を訪問。病状やや回復し、昭和6年2月から東北砕石工場技師となる。技師とはいえ、工場の経営は当時厳しく、賢治の主な仕事は広告を制作したり、農業会や肥料屋や米屋をまわって注文を取ったり、金の工面をすることであった。

その努力の甲斐があって、工場では製品が間に合わない程の注文があったが、肥料の注文がなくなる農閑期の商品として石灰で造った人造壁材料の販売を企画。見本をトランクに詰めて、セールスのため上京した。直後、東京の駿河台の八幡館という宿で高熱を出して臥床してしまった。

9月21日、両親に宛てて遺言状を書く。そして家に電話をかけたところ、電話に出た父がすぐ帰宅するように話し、帰郷した。

私が停車場に迎えに出たときは、青白い顔ではあったが、ちゃんと洋服にネクタイをつけ、実は容易ならぬ重態なのに苦しくないふりをして、汽車から下りて、家につくやいなや病床に臥してしまったのであった。

……私が花巻駅に迎いに出たとき、高熱で寝台車から助け下ろさねばならぬ程の重態を、一つ手前の黒沢尻駅ですっかり洋服に着替え、カラーの新しいものへネクタイもきちんと結び、その大きなトランクを下げて、笑いながら三等車から下りたのだ。
そこで私達はいつもの通り「やあ」「やあ」と挨拶しあい、安心して帰宅したのだが、今度はもはや再びもとのからだにはなれなかった。


11月3日、手帳に「雨ニモマケズ」を書き留める。

宮沢賢治
臨終
それからの2年はずっと病床にあって、詩や文語詩を書いたり、頼まれればそれを発表したり、肥料の相談の返事を書いたりした。

昭和7年、『児童文学』に「グスコーブドリの伝記」を発表。挿絵は棟方志功。「風の又三郎」や「銀河鉄道の夜」も、このころ書き加えたりしていて結局は未完成のままで残り、「セロ弾きのゴーシュ」は手のとどくところにあったそまつな紙に書かれていて、死ぬ少し前まで筆を入れていた。

昭和8年には病状やや回復し、時には肥料の相談も受け、文語詩を書いたりしていた。9月17日から19日までは花巻の氏神の祭りで、この年は三陸沖地震による津波はあったが大変な豊作であった。祭りの最後の晩には、賢治も肥料の相談に来た農家の人と長く話し込んでいたが、そのためか次の日はひどい熱が出た。



あまり苦しそうなので、私はその晩二階の兄のそばで寝むことにしたのだが「こんやの電燈は暗いなあ。」と言ったり、「この原稿はみなおまえにやるから、若し小さな本屋からでも出したいところがあったら発表してもいい。」と言ったり、悲しいことを話したのであった。

翌日の21日の昼ちかく、二階で「南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経」という高い兄の声がするので、家中の人たちが驚いて二階に集まると、喀血して顔は青ざめていたが合掌して御題目をとなえていた。

父は「遺言することはないか。」と言い、賢治は方言で「国訳妙法蓮華経を一千部おつくり下さい。表紙は朱色、校正は北向氏、お経のうしろには『私の生涯の仕事はこの経をあなたのお手もとに届け、そして其中にある仏意に触れて、あなたが無上道に入られますことを。』ということを書いて知己の方々にあげて下さい。」と言った。

父はその通りに紙に書いてそれを読んで聞かせてから、「お前も大した偉いものだ。後は何も言うことはないか。」と聞き、兄は「後はまた起きてから書きます。」といってから、私どもの方を向いて「おれもとうとうお父さんにほめられた。」とうれしそうに笑ったのであった。

それから少し水を呑み、からだ中を自分でオキシフルをつけた脱脂綿でふいて、その綿をぽろっと落したときには、息を引きとっていた。9月21日午後1時30分であった。


9月23日、安浄寺(浄土真宗大谷派)で葬儀。法名「真金院三不日賢善男子」。享年37。


*宮沢清六著『兄のトランク』より引用しました





宮沢賢治を知るために / コンポラおすすめの本
新編 銀河鉄道の夜 宮沢賢治

賢治の童話のいくつかは、誰もが子どもの頃読んだのではないでしょうか。それでもこうして改めて読んでみると文中に込められた意味が突然理解できたり、今だからこそわかる読み方がきっと発見できるはず。











宮沢賢治 壮絶な生涯





宮澤賢治の教え子インタビュー





【岩手】雨ニモマケズ【ZuZu弁朗読】