コンポラ

柳原白蓮



柳原白蓮




柳原白蓮 歌人


柳原白蓮 <歌人>



【 コンポラ 「アート資料館」 では、旅をテーマに、旅するアーティストの作品、インタビューをご紹介しています。 】
今回は歌人であり、大正三美人のひとりと言われ、波乱万丈の生涯を生きた柳原白蓮です。



柳原 白蓮(やなぎわらびゃくれん、1885年(明治18年)10月15日 - 1967年(昭和42年)2月22日)は歌人。本名はY子(あきこ)。大正三美人の一人。

父は柳原前光伯爵、母は前光の妾のひとりで没落士族の娘で柳橋の芸妓となっていた奥津りょう(通名:おりょう)。東京に生まれた。

大正天皇の生母である柳原愛子(なるこ)の姪で、大正天皇の従妹にあたる。


柳原白蓮 生涯

生い立ち
父・前光が華やかな鹿鳴館で誕生の知らせを聞いたことからY子と名付けられる。Y子は生後7日目に柳原家に引き取られ、前光の正妻・初子の次女として入籍され、当時の華族の慣習としていったんは里子に出されたのちに柳原家に再び戻り、養育された。

1888年(明治21年)、生母・りょう病死。1892年(明治25年)、麻布南山小学校に入学。1898年(明治31年)、華族女学校(のちの女子学習院)に入学。Y子は最初の結婚まで自分が妾の子とは知らなかったという。また前光には、りょう以外に年来の妾・梅がおり、子宝に恵まれなかった梅はりょうを妹のように、そしてりょう死後はY子をわが子のように大変可愛がっていたとも言われる。



最初の結婚
1900年(明治33年)、14歳で、子爵・北小路随光とその女中の間に生まれた嗣子の資武(すけたけ)と結婚し、1901年(明治34年)、15歳で男子、功光を出産した。しかし知的障害があったといわれる資武とは早期に夫婦関係が拙くなり、5年後に離婚。実家に戻った。

1908年(明治41年)、東洋英和女学校(現・東洋英和女学院高等部)に入学し、寮生活をおくる。佐佐木信綱に師事し「心の花」に短歌を発表し始めた。

柳原白蓮
再婚と「筑紫の女王」時代
Y子は1911年(明治44年)、27歳で、52歳の九州一の炭坑王として財をなし、政友会の代議士であった伊藤鉱業社長・伊藤伝右衛門と再婚させられた。これは兄・義光が貴族院議員に出馬するため資金が必要だったことと、名門との関係を結びたかった伝右衛門の思惑が一致した政略結婚と目されたが、当時のマスコミ(主に新聞)では片や名門華族、もう一方は飛ぶ鳥落とす勢いの炭鉱成金同士の結婚ということで“黄金結婚”と大いに祝福された。伝右衛門は飯塚市幸袋に敷地1500坪、建坪250坪の自宅があったが、さらに福岡市天神と別府市青山に屋根を銅で葺いた別邸(どちらも赤銅(あかがね)御殿と呼ばれた)を建て、Y子を迎え入れた。

こうしてY子は「筑紫の女王」と呼ばれるようになった。しかし複雑な家族構成に悩まされる。伊藤家には妾の子、父の妾の子、妹の子、母方の従兄妹などが同居していた。また数十人もの女中や下男や使用人たちもいた。伝右衛門は何人もの妾がいたが、京都妻のサトの妹のユウにまで手を付けた。ユウは女中見習いとして幸袋の屋敷にいたが、伝右衛門の手が付いたことからY子にユウをあてがう形となった。後年、白蓮は、夫を挟んで夫の妾と3人で布団を並べていたこともあると告白している。そんな懊悩、苦悩をY子はひたすら歌に託し「心の花」に作品を発表しつづけた。


1915年(大正4年)、処女歌集『踏絵』を自費出版。号を「白蓮」(信仰していた日蓮にちなむ)とした。その浪漫的な作風は「生の軌跡を華麗かつ驕慢に」(正津勉)詠って、多くの読者を惹き付けた。

こうして白蓮は歌人として名が知られるようになり、大正三美人(他は九条武子と江木欣々、あるいは日向きむ子)の一人として知られるようになった。


柳原白蓮 柳原白蓮

別府の赤銅御殿は白蓮を中心とするサロンとなった。そのなかで白蓮は仮想的な恋愛を楽しんだが、その一人に医学博士で歌人の久保猪之吉がいた。妻の久保より江も俳人として名を知られていた。

1918年(大正7年)、大阪朝日新聞は「筑紫の女王・Y子」を連載。1919年(大正8年)、詩集『几帳のかげ』、歌集『幻の華』刊行。


柳原白蓮 恋に生きる
1918年(大正7年)、戯曲『指鬘外道』(しまんげどう)を雑誌「解放」に発表。これが評判になり、劇団が上演を希望、その許可を求める書状が届いた。差出人は「解放」記者・宮崎龍介だった。龍介の父は孫文の辛亥革命を支援した宮崎滔天、龍介も東京帝国大学で「新人会」を結成し、労働運動に打ち込んでいた。この後ろ盾となっていたのは、東京大学の吉野作造、早稲田大学の大山郁夫らの「黎明会」で、「解放」はその機関誌だった。

1920年(大正9年)1月31日、別府の別荘で会った龍介は情熱を込めて社会変革の夢を語った。それから白蓮は「ねたましきかな」と詠う「恋もつ人」になった。龍介も「ブルジョア夫人との交際はまかりならん」として「新人会」を除名になった。白蓮は春秋2回の上京の機会に龍介と逢瀬を重ねて、やがて白蓮は龍介の子を宿した。姦通罪のあった男尊女卑のこの頃、道ならぬ恋は命がけだった。

1921年(大正10年)10月20日、白蓮は伝右衛門と上京した機会に姿を消した。2日後の10月22日の大阪朝日新聞は「筑紫の女王、柳原白蓮女史失踪!」と報じた。内容は「同棲十年の良人(おっと。夫と同義)を捨てて、情人の許へ走る」というものであった。



柳原白蓮 同日の大阪朝日新聞夕刊に白蓮名義で「私は金力を以つて女性の人格的尊厳を無視する貴方に永久の訣別を告げます。私は私の個性の自由と尊貴を護り且培ふ為めに貴方の許を離れます」という公開絶縁状が掲載された。これは白蓮が書いた手紙を龍介の友人が書き直したものであり、友人たちによって公開が以前から計画されていたという。しかし絶縁状の公開は大きな社会的反響を呼び、当時の世論は白蓮を激しく非難する声で満ちた。特に国家主義の、黒龍会(頭山満の玄洋社の系譜を引く団体)の内田良平らは、国体をゆるがす大事件として白蓮や柳原家を攻撃した。この一件により、兄・義光は貴族院議員を辞職することとなった。白蓮は男児(香織)を出産した後、断髪し尼寺に幽閉の身となった。

伝右衛門は大阪毎日新聞に「絶縁状を読みてY子に与ふ」と題し「(白蓮との結婚生活を)俺の一生の中で、最も苦しかった十年」などと表現した文を掲載したが、白蓮と龍介を姦通罪で起訴することはしなかった。伝右衛門の親族には白蓮を、重ねて4つにして「遠賀川にたたきこめ」と激昂する者もいたが、伝右衛門は白蓮に手を出すことを禁じ、白蓮を話題にすることも許さなかった。しかし一方で、白蓮が産んだ男児の父親を確認する訴訟を起こしている。




柳原白蓮 再々婚以後
1923年(大正12年)、関東大震災の後、白蓮の産んだ子は伊藤の子ではないという判決が下り、白蓮の姦通は明らかとなった。白蓮は華族から除籍され、財産も没収されて伝右衛門との離婚が成立した。当時、白蓮母子を預かっていた中野家は、柳原家が娘に何の援助もしないのに対し、宮崎家が定期的に白蓮のために仕送りをしていたことに感服し、柳原家の承諾なしに、龍介に白蓮たちを引き取らせたという。龍介と結婚、長男・香織を伴い親子3人の生活が実現した。

しかし、夫は結核を発症した。一平民となった白蓮は筆一本で必死に家計を支えた。龍介は後に「私が動けなかった三年間は、本当にY子の手一つで生活したようなもので」と回想している。

1925年(大正14年)には長女、蕗苳(ふきこ)が誕生。龍介の結核は回復して、その後弁護士として活躍した。1931年(昭和6年)には龍介と中国を旅行している。

1945年(昭和20年)8月11日、長男・香織が鹿屋で戦死した。このことがきっかけとなり、戦後は平和運動に参加、「慈母の会」を作り、『ことだま』という歌誌を主宰して歌道の精進を重ねながらY子は一途に平和運動に献身した。一方、皇太子と正田美智子との結婚に際しては、松平信子ら旧華族出身者と共に強硬に反対し、右翼団体にも反対運動を行なうよう働きかけた。



柳原白蓮 1961年(昭和36年)、緑内障で両眼失明、龍介の介護のもとに歌を詠みつつ暮した。1967年(昭和42年)に死去(81歳)。スキャンダルの末没落した実家・柳原家を後目に、晩年は平穏で幸せな生涯であった。

「母はいつも書いていました。寝ても覚めても原稿用紙と向かい合っている母の姿を見ました。それ以外の母はなかなか思い浮かばぬほど必死で、生きて、書いていたようです」と長女、蕗苳はのちに回想している。

そこひなき闇にかがやく星のごとわれの命をわがうちにみつ
(辞世の歌)





柳原白蓮 柳原白蓮








柳原白蓮(その1)〜語り座・夏のうたげ収録





旧伊藤伝右衛門邸